Home > 図面屋の技術コラム > オフィスソフト > データ送付時の暗号化

データ送付時の暗号化

出来上がったデータなどを客先に提出する際、メールを使用している会社は多いと思います。しかし、そこで心配になるのがセキュリティーの問題です。

あってはならないことですが、万が一、送付先を間違ってデータを送った場合外部に情報が洩れてしまい大変な事になってしまいます。

このような危険なことを防ぐ為に送付先を間違えないのは当然ですが、万が一を考えてデータを暗号化するのも有効です。

当社では暗号化ソフト「アタッシェケース2」を使用しています。このソフトは強力な暗号化を行う上に、フリーソフトです。

詳しくは下記サイトをご覧下さい。

アタッシェケース

http://homepage2.nifty.com/hibara/software/atcs2.htm

このソフトはデータを暗号化して送付するので暗号を解くにはパスワードが必要になります。そのパスワードを送付する相手へ電話か別メールで連絡することを忘れずに・・・。

これからも情報漏洩などを防止する為にセキュリティーの強化を徹底していきます。

(2009/12/10:二見)

関連エントリー

Home > 図面屋の技術コラム > オフィスソフト > データ送付時の暗号化

Return to page top