Home > 図面屋の技術コラム > CAD > AutoCAD2011 3Dを2Dに切出し

AutoCAD2011 3Dを2Dに切出し

1. 3DデータをAutoCAD2011で開きます。

yashi01.gif

 2. 表示 → 3Dビュー → 平面図にします。

yashi02.gif

3. 作成 → モデリング → 断面オブジェクトで矢視場所を示します。

 yashi03.gif

クリック → ドラッグで切りたい場所を決めます。(後で修正可能です)

断面オブジェクトの中央にある水色矢印をクリックすると

見る方向を反対側に変えられます。 

 yashi04.gif

4.断面のボリューム(奥行の範囲)を表示させて修正します。

  断面オブジェクトの端にある三角をクリック → 断面ボリューム

 yashi05.gif

 表示されたボリューム(範囲)を青の矢印ポイントをドラッグしながら調整します。

 yashi06.gif

 5.矢印方向からの絵になるように、表示 → 3Dビューで回転します。

yashi07.gif

 6.断面オブジェクトをクリック選択後、断面オブジェクトの上で右クリック

   → 2D/3D断面図を生成

yashi08.gif

 7.断面図/立面図を生成コマンドの設定

  2D断面/立面図、新規ブロックとして挿入 → 作成

yashi09.gif

 8.2Dの断面図が出来るのでコマンドの質問に答えて下さい。

  挿入位置を指定 → 貼り付けたい位置でクリック

  X方向の尺度を入力するか対角コーナーを指定 → (通常なら)Enter

  Y方向の尺度を入力 → (通常なら)Enter

  回転角度を指定 → 絵を水平にしてEnter

  以上です。

yashi10.gif

(2010/10/19:小村)

 

 

Home > 図面屋の技術コラム > CAD > AutoCAD2011 3Dを2Dに切出し

Return to page top