Home > 図面屋の技術コラム > CAD > 3DアニメーションでSAPPARIビールをグイっと!

3DアニメーションでSAPPARIビールをグイっと!

Inventor2011LTで「Inventor Studio」を使ってアニメーションを作成しました。

LTなのでアセンブリ機能はありませんが、「派生」を使って、ジョッキのデータに、ビールと、泡の、データを読み込んで作っています。
ソリッドを3パーツ(ジョッキ、ビール、泡)それぞれ、ボディのプロパティで、ボディの色スタイルを変更します。

次にターゲットのパスとポジションのパスを、3Dスケッチして、カメラアニメーションの定義で、設定します。

座標のY軸を高さ方向にしておくと、カメラが回転せずに出来ました。

最後に、レンダリングアニメーションで、動画へ出力しました。

ビールの好きな社長のキャラクターを「エンボス」を使い彫り込みました。

(2011/06/13:小村)

Home > 図面屋の技術コラム > CAD > 3DアニメーションでSAPPARIビールをグイっと!

Return to page top