Home > 図面屋の技術コラム > | 構造解析 > ベクトル

ベクトル

構造物の強度を検討、確認する際に「力の向き」「力の大きさ」を考えなければなりません。

「大きさ」だけならば数値で表現することができます。しかし、数値だけでは方向を同時に表現することが困難です。そこで、この二つの異なった量をまとめて表すために「ベクトル」が考えられました。

「ベクトル(vector)」とは、「空間における向き大きさを持った量」のことです。

ベクトル

矢印の方向が「向き」、矢印の長さが「大きさ」を表しています。

ベクトルの特徴は、「向きと大きさ(長さ)が同じであれば、どこに置いても同じベクトルである」ことです。

問題:

次の図を見てください。
同じベクトルの組み合わせは何番でしょう?

同じベクトルはどれとどれ?
(1).
A-B
(2).
A-C
(3).
A-D

答えはページの下にあります。

(2013/01/22:吉村)

答え:

(2). A-C

方向と長さが同じであれば、等しいベクトルです。色や太さは、関係ありません。

Home > 図面屋の技術コラム > | 構造解析 > ベクトル

Return to page top