Home > 図面屋の技術コラム > | 構造解析 > ベクトルの計算

ベクトルの計算

力の「向き」と「大きさ」を表す「ベクトル」は以下のようにあらわされます。

ベクトルの合成
  1. AからBに行くベクトルはA→B
  2. BからCに行くベクトルはB→C
  3. 結果、AからCに行くベクトルはA→C

つまりベクトルの合成が成り立ちます。

このことを「ベクトルの合成(足し算)」といいます。

また、をとに分けることを「ベクトルの分解(引き算)」といいベクトルの分解と表します。

ベクトルの合成と分解は同じことだといえます。

(2013/01/28:吉村)

Home > 図面屋の技術コラム > | 構造解析 > ベクトルの計算

Return to page top