Home > 図面屋の技術コラム > | TDSという会社 > 情報セキュリティ教育

情報セキュリティ教育

2011年以降、特定の企業や団体を狙うサイバー攻撃が急増し、大きな社会問題となっています。
当社では、情報セキュリティに関するルールを決め、社員の理解を深めるために、定期的に社内教育を行っています。
そして、きちんと理解しているか、確認テストを実施します。

今回は、その問題の一部を掲載します。


【問題1】ウイルス感染が疑われる場合は、ウイルス感染しているかどうかを確認することが重要なので、まずはネットワークにつないだまま、ウイルス対策ソフトでチェックしてみる
 正しい
 間違っている

【問題2】不審なサイトであっても、ボタン等をクリックしなければ、ウイルスには感染しない。
 正しい
 間違っている

【問題3】ウイルス対策や暗号化等盗難・紛失対策を行っていれば、個人のスマートフォンに会社情報を保存してもよい。
 正しい
 間違っている

【問題4】パソコンを社外に持出す場合、暗号化していれば外出に必要のない情報でも、持ち出してよい。
 正しい
 間違っている

【問題5】情報セキュリティ事故やその兆候を発見した場合は、ただちに上長に報告する。
 正しい
 間違っている

(2013/03/27:田村)

解答
【問題1】間違っている
【問題2】間違っている
【問題3】間違っている
【問題4】間違っている
【問題5】正しい

Home > 図面屋の技術コラム > | TDSという会社 > 情報セキュリティ教育

Return to page top