Home > 作業環境 > | 図面屋の技術コラム > データのバックアップ

データのバックアップ

バックアップのイメージ

弊社では、データの一元化のためにNASサーバーを使用しています。

サーバーのメンテナンスなどできるだけ手間のかからない機種を使用していますが、万一のトラブルに見舞われる可能性はあります。

マシントラブルに対応する為には、やはりデータのバックアップは欠かせません。

メインのNASサーバーから、1台のNASサーバーと1台のUSBハードディスクにバックアップをとっています。

バックアップの設定もブラウザ経由で管理画面へアックセすすることで、簡単に設定でき、設定時間になると自動的にバックアップを開始しますので便利です。

当社では以下のバックアップを4回に渡って実施しています。

  1. 毎日・ 3:00:メインサーバー → 外付けHD
  2. 毎日・12:00:メインサーバー → サブサーバー
  3. 毎日・18:00:メインサーバー → サブサーバー
  4. 毎日・23:00:メインサーバー → サブサーバー

これで機械的なトラブル対策は問題ないと思います。ただ、課題もあり、バックアップ先の装置も同じ事務所内にあるため、火災等に対しては、何らかの対策を講じる必要があると思います。

クラウドでのバックアップも考慮に入れる必要がありますが、セキュリティ、費用などまだまだ検討が必要な状況です。

(2014/12/16:吉村)

Home > 作業環境 > | 図面屋の技術コラム > データのバックアップ

Return to page top