Home > 図面屋の技術コラム > TDSという会社 > 取引先診断書

取引先診断書

社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン.jpg毎年この時期、客先から「反社会的勢力の参入防止他に関わる取引先診断」の実施書類が送られてきます。
今年の項目は6つ
1、反社会的勢力参入防止・直接雇用
2、適正な契約締結
3、社会保険加入促進
4、放射線管理
5、情報セキュリティ
6、社会保険加入状況調査

今回初めて、社会保険加入促進、の項目が加わりました。
国土交通省が平成29年度以降、建設業の許可業者の社会保険加入率100%をめざすため、国土交通省発行の「社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインに基づき、きちんと法令上の義務を果たしているか、の自己診断です。

当社は、客先の一次協力会社、設計部門を担当ですから、もともと社会保険関係については、社員全員加入しています。また、現場調査で出張するとき求められる任意の法定外労働災害補償の業務災害総合保険にも加入して、万全の態勢をとっています。

客先から言われたから制度を整備する、ではなく、社員が安心して働ける職場環境を絶えずきちんと整えることが、経営者に求められることです。


(2016/03/09:田村)

Home > 図面屋の技術コラム > TDSという会社 > 取引先診断書

Return to page top