Home > 図面屋の技術コラム > ソフトいろいろ > Snipping Toolとは

Snipping Toolとは

パソコンの画面に表示されているものを画像にして保存することをキャプチャ、またはスクリーンショットといいます。

キーボードの「PrintScreen」キーを利用する方法が一般的ですが、
今回は「Snipping Tool」という便利なソフトウェアをご紹介いたします。

「Snipping Tool」は、Windows Vista以降、標準で搭載されています。(Windowsのエディションによっては搭載されていない可能性もあります。)
今回はWindows7での操作方法をご説明します。

スタートメニュー>アクセサリ>Snipping Tool
Snipping Tool_1.png


「Snipping Tool」が起動します。
Snipping Tool_2.png


新規作成の右横の▼をクリックすると、切り取り方法が選択できます。
Snipping Tool_3.png


あとはマウスを動かして切り取った画面がキャプチャされます。
よく利用する「四角形の領域切り取り」で、弊社のトップページを切り取ってみました。
Snipping Tool_4-2.png


ペンや蛍光ペンで描き足すことも可能ですし、画像ファイルとして保存することもできます。

私はこんなことに使用しています。
 ・ネットで調べた情報の必要な箇所だけを切り取りエクセルに張り付けて整理。
 ・設定画面をコピーして設定内容を保存。

(2016/10/13:関谷)

Home > 図面屋の技術コラム > ソフトいろいろ > Snipping Toolとは

Return to page top