Home > 図面屋の技術コラム > 作業環境 > 電卓の使い方

電卓の使い方

寸法を計算する際によく利用するのが電卓です。
今回はその電卓の使い方のひとつをご紹介いたします。


Dentaku_1-2.png
例)壁からb,c,dまでの距離を計算する場合です。


①500を入力
②「+」を2回
③250を入力して「=」
   計算結果:750が表示されます。
④続けて360を入力して「=」
   計算結果:860が表示されます。
⑤続けて680を入力して「=」
   計算結果:1180が表示されます。

普通に1つずつ計算するよりも時間短縮になります。
この使い方は引き算、掛け算、割り算にも同様に対応しているので便利です。
(※注意:この使い方は「カシオ」の電卓での入力方法なので、他のメーカーの電卓をお使いの方は取扱説明書で確認してください。)

(2017/02/27:関谷)

Home > 図面屋の技術コラム > 作業環境 > 電卓の使い方

Return to page top