Home > CAD > | 図面屋の技術コラム > 図面の比較方法

図面の比較方法

 作業をする中で、いろいろな理由から図面が改訂になることがあります。
その際、どの部分が変更になったか迷う場合があります。
 そんなときに活用したいツールがAutodesk Design Review です。
 図面を取り込むことで変更箇所を指摘してくれます。今回はその比較方法をご紹介します。
        Autodesk Design Review 2013使用した図面の比較
zumenhikaku1.png

 この二種類の図面を比較します。
横サイズが500から400に変更(寸法線あり)
縦サイズの長さが変更(寸法線なし)

1. 比較する図面を2種類dwfx形式で保存する。

zumenhikaku2.png

2. Autodesk Design Reviewにて一枚目の図面を開く

zumenhikaku3.png

3. 二枚目の図面をツール→シートを比較で取り込む

zumenhikaku4.png

zumenhikaku5.png

4. 比較完了
 比較された情報は赤、緑で表示されるので確認する

zumenhikaku6.png

 変更になった場所は一枚目の図面は赤、二枚目の図面が緑でマーキングされます。

 今回の図面はどこが変わったか、目視でも確認しやすいものを用意しましたが、複雑なものになってくると目視で見落とす可能性があります。多くの情報から確実に変更箇所を判断するのを助けてくれるツールです。
 迷っている時間が少しでも減るようこのツールを活用していきたいと思っています。

(2018/02/26:萩原)

Home > CAD > | 図面屋の技術コラム > 図面の比較方法

Return to page top