Home > 図面屋の技術コラム > 構造解析 > ExcelとFEMAPの連携

ExcelとFEMAPの連携

解析業務において、FEMAPというソフトを利用しています。

架台のように大きなものは入り組んだ構造になり、新規に作成する場合も、修正する場合も大変です。

事前にExcelでデータを準備して、それをFEMAPに取り込むことができないか調べていると、FEMAP APIという機能が搭載されていることが分かりました。

Femapのhelp情報を参照し、ExcelとFEMAP APIを連携させてノードを作成、修正することができるようになりました。

femap003.png

FEMAP APIのオブジェクトについて分からないことがほとんどなので、これからも時間を見つけて勉強します。

(2018/05/30:関谷)

※このコラムに掲載した内容に関してのご質問には、お答できません。
ご了承ください。

Home > 図面屋の技術コラム > 構造解析 > ExcelとFEMAPの連携

Return to page top