Home > 図面屋の技術コラム > | TDSという会社 > TDSという会社 Archive

TDSという会社 Archive

両立支援等助成金支給決定

17457832_1325382647539329_3079388342557312957_n.jpg7月に厚生労働省に「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進」ということで、育児・介護休業等に関する規程と労使協定を改定し、両立支援等の助成金の申請をしたところ、このたび支給決定の通知を頂戴しました。
当社には両親とも介護をしなくてはいけない、まだ30代前半の独身男性正社員がおります。入社して1年以上にはなりますが、有給休暇は介護のために使い果たし、なんとかしたいと思っていたところ、厚生労働省は、企業が介護離職を未然に防止するため、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進を行っていることがわかり、規約を整備したものです。
制度の中身はいろいろありますが、なかでもありがたい!と当の本人から言われたのは、有給休暇の他に、4月から3月までの1年で5日間の介護休暇がとれる(繰越は無)。さらに無給ではなく有給としたので、安心して働ける、と言っています。
小さい会社ですが、スタッフが安心して働ける職場、スタッフの砦となる職場にしていく努力を積み重ねていきます。

有期実習型訓練

15391090_1231178170293111_8870905072484378333_n.jpg新人の教育には、ジョブカードセンターにおいて有期実習型訓練計画の作成支援等を実施しています。有期実習型訓練計画を効果的に行うために、期間を定め、何を学ばせ、それに対しての評価を行うという計画届を労働局に出します。
当社の新人に対して、今週から来年5月までのおよそ6か月間、訓練を行うことにしました。

内容は2D、3D、解析はいままでの新人教育と同じですが、それプラス、EXCEL関数・マクロ・データとCADデータの融合整理を入れてみました。
お客様に、更に上のレベルの成果物を提供する能力の下地をつくりたいからです。

カリキュラムを組み立てるとき、労働局の担当のかたがびっくりするほど細かく書き、職務遂行のための評価基準も綿密にたてました。新人が思考をどう積み重ねていくかの導きになりますので。

やり終えた6月、どんな成長を見せてくれるか、楽しみです。

添付のファイルには自動でパスワード

添付ファイルのセキュリティー.jpg客先がセキュリティー向上のため、ファイルが添付されているメールに、受取URLの「認証パスワード」がつくようになりました。
ファイル添付のメールが送られてくると、そのあとパスワードのメールが送られてきます。
それでは当社も、と1か月ほど前から、同様のシステムを導入しました。使いだしてから納入業者には、認証パスワードのファイル名を、先に送った添付付きメールと同じにしてほしいと要望を出しました。
多少面倒であるしお金もかかりますが、客先から数年に一度入る監査に応えるためにも、システムをきちんとしておく必要があるので、今期はひとつ目標達成というところでしょうか。

そうこうしていると取引銀行から、「カメラ付きハードトークを利用したワンタイムパスワード認証を導入しますと連絡が。
カメラ?ハードトーク?ワンタイム?頭をひねっていると、小箱がおくられてきて、掌サイズのカメラらしきものが。
操作ガイドの手順通りにすすめ、いくつかハードル越えて、利用できるようになりました。

一日に何件もあやしい添付ファイルがはじかれている昨今、少しでも取引先に迷惑がかからないようにしておきませんと。

人材育成

2016-09-27 14.09.29.jpg当社の仕事、プラント設備設計にまったく触れたこともない新人には、まず契約社員で入ってもらいますが、正規雇用になる条件として能力アップのため、労働局にキャリアップ計画書を提出し、「有期実習型訓練」でOJTとOFF-JTで知識や技能を習得してもらうのが非常に有効的です。
今回9月1日から3カ月の予定で開始した人材育成コースのカリキュラムの内容は、AUTOCADの操作、配管図・製作図の作成、アイソメ図の作成、3DCADの操作、構造解析ソフトの操作、電線管サポート等の解析、とかなり密度が濃くなっています。
1か月おわるたびに、職業能力の評価を行い、面接をして、進捗状況はどうかを確認します。
当社の売り上げは、個人の能力の高さに比例します。新人さんが一日も早くベテランに追いつき、自分のまだ埋もれている能力を思う存分発揮してもらうための"滑走路"には、この「有期実習型訓練は」最適です。

厚生労働省「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進

社員の家族に介護の必要が出てきたとき、仕事と介護の両立はとてもたいへんになります。
当社も人ごとではありません。戦力となっている社員たちが、家でも介護の戦力となる年齢になってきましたから。

厚生労働省は、企業が介護離職を未然に防止するため、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進を行っています。

仕事と介護の両立のための5つのポイントは
1、職場に介護を行っていることを伝え、仕事と介護の両立支援制度を利用する。
2、介護サービスを利用し、自分で介護をしすぎない。
3、地域包括センターやケアマネージャーなど、専門家に何でも相談する。
4、日頃から、家族と良好な関係を築く。
5、介護を深刻にとらえ過ぎずに、自分の為の時間を確保する。

当社も、企業が行う女性の活躍・両立支援の取り組みを紹介する一般事業主行動計画公表サイトに登録しました。それによって取り組みを示すシンボルマーク「トモニン」が使えることになりました。
トモニン.jpg

介護離職を予防する意味でも、備えあれば憂いなし。

2016年春 合同入社式&新入社員研修会

合同入社式&新入社員研修会.jpg4月1と2日、宮崎県中小企業家同友会主催の
「2016年春 合同入社式&新入社員研修会」が
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで開かれます。

去年は新入社員として参加致しましたが
今年は、一期上の社員として2日目の第5講座
「先輩社員の体験に学ぶ~私の成長を支えたもの」に
パネラーとして参加致します。

前もって、
1、主な仕事
2、これまで仕事をしてきて嬉しかったこと
3、大変だったこと、そしてそれをどう乗り越えられたか
4、働くなかで自分が大事にしてきたこと、これから大事にしていきたいこと
について、資料を提出致しました。

私が働くなかで大事にしてきたことは、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」
上司に質問をする時、忙しいのに迷惑ではないだろうか、こんな事で聞いて良いのだろうか、と
最初は思っていました。
しかし、そんな事を思う暇があるのなら、一つでも仕事を覚える努力をしようと思いました。
わからないなかで、どう努力するかが大切だと気づいたからです。
もちろん、何も自分で考えないで質問をしてはいけないと思います。ですが、わからないままにして仕事をしたら、失敗して自分も苦しむし上司にも迷惑がかかります。
そして、入社2年目の目指すところは、人に教えて頂くときはその人の時間を頂いているという事を再認識し、要点をついた質問、効率の良い仕事を心掛けていく所存です。

取引先診断書

社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン.jpg毎年この時期、客先から「反社会的勢力の参入防止他に関わる取引先診断」の実施書類が送られてきます。
今年の項目は6つ
1、反社会的勢力参入防止・直接雇用
2、適正な契約締結
3、社会保険加入促進
4、放射線管理
5、情報セキュリティ
6、社会保険加入状況調査

今回初めて、社会保険加入促進、の項目が加わりました。
国土交通省が平成29年度以降、建設業の許可業者の社会保険加入率100%をめざすため、国土交通省発行の「社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインに基づき、きちんと法令上の義務を果たしているか、の自己診断です。

当社は、客先の一次協力会社、設計部門を担当ですから、もともと社会保険関係については、社員全員加入しています。また、現場調査で出張するとき求められる任意の法定外労働災害補償の業務災害総合保険にも加入して、万全の態勢をとっています。

客先から言われたから制度を整備する、ではなく、社員が安心して働ける職場環境を絶えずきちんと整えることが、経営者に求められることです。


若年者等職場定着促進事業 好事例集に掲載される

若年者等職場定着促進事業好事例.jpg
昨年宮崎県社会保険労務士会から、若年者等職場定着促進事業として、労働条件等を点検していただき、上がってきた報告書に従って労働条件の改善をし、スタッフには丁寧な説明と公平な運用をしてまいりました。

その結果、平成27年度 若年者等職場定着促進事業の好事例として、掲載していただきました。

今月から宮崎事務所に女性が1名、横浜事業所に男性が1名、わが社の新しいメンバーとなります。

これからも安心して働ける職場にするため、お互いの信頼を深め、スタッフの意欲の向上・やりがいや生きがいを追求していく所存です。

作文考査

作文考査.jpg宮崎事務所でも横浜事業所でも、現在設計業務の求人を出しています。

職安や人材あっせん業から「応募されてます」と連絡があってしばらくすると、履歴書が送られてきます。
お会いして、お話を聞いて、当社の事業を説明して、お互い まあ大丈夫そうかなあ、という手ごたえが得られたら、作文考査をします。

内容は
1、ご自分の長所と短所を挙げ、どうしてそう思われるのか書いて下さい。

2、あなたが株式会社ティーディエスに貢献できることは何ですか?

3、当社から要求される"人間力"を3つ挙げてください。

4、その"人間力"3つについて、あなたの場合はどうですか?今後どうできますか?

5、当社の経営理念(ホームページ参照)を見て、どう思いましたか?


正解、というのはなく、ただご自分で思っていることを、素直に書いていただきたい。

入社して、半年、一年・・・と時が経っていくうちに、採用試験のとき、あんなこと書いたけど、今はこう考えているな、と思い出し、その時のご自分と向き合ってもらいたいと思って、書いていただくのです。

設計管理規程

設計管理規程.jpg当社の社内規程は20ほどありますが、毎年見直しをして、体制にあったようにしていきます。
今回は、客先からの要望もあり、「設計管理規程」を新たに作ることにしました。

設計関係の仕事を進めていくうえでは、大まかな流れは決まっています。
そこを踏まえて、ジョブ担当が集まってミーティングで詳しく手順を決めていく、ことになっています。誰が担当になろうと、そこは変わりません。

そこを規程として表し、別に設けていた「品質管理規程」と「不適合管理規程」も合わせた形の「設計管理規程にしました。
一元化した規程にすることで、仕事の流れがより明確になり、連絡事項が担当同士にいきわたらない、ということを防ぐことができます。

私どもが一番大切にしている"お客様に対し、納期を守り、より正確で精密な成果物を納める"ための「設計管理規程」なのです。

永年勤続優良従業員表彰

会員大会1.jpg会員大会2.jpg宮崎商工会議所では、3年ごとに会員大会を開催し、永年勤続優良従業員を表彰します。

勤続年数は30年以上、20年以上、15年以上、10年以上、5年以上の5つに分かれます。

当社では、宮崎に拠点を移してから勤務した吉村と、子供が年長で入社し現在高校3年生になった二見のふたりに、長年会社運営に貢献した功労に対し感謝の意を表する、という社長の推薦状をつけて、商工会議所にお願いしました。

授賞式は、米良充典会頭の挨拶から始まり、69名の受賞者の名前を呼ばれました。
受賞者もですが、経営者としても、苦労を共にした日々を思い出し、胸を打つものがありました。

これからも、一緒にがんばっていきましょう!

労働条件診断をしてもらう

労働条件診断.jpg当社の就業規則は、長い時間をかけて、自社内でつくりあげ、関連の講習会を受講しては、毎年見直しをかけてきましたが、今年度、宮崎県社会保険労務士会から「モデル事業所改善事業」の対象事業所にえらんでいただき、労働条件診断をしていただき、報告書があがってきました。

総合評価として、就業規則、給与規定、育児休業等取扱規程、36協定、賃金控除協定等の諸規定、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿、有休休暇、管理台帳等の帳簿、台帳等に関する書類診断、及び担当者からのヒアリングによる診断の結果、労働条件、書類等の管理の状況については、おおむね良好である、との結果を頂戴したことは、たいへんありがたく、励みにもなりました。

部分部分で、文言の修正をかけたり、労働関係法規等の不一致がみられるところもありましたが、今後これらを整備し、スタッフがより一層働きがいのある職場づくりと目指して、みんなで改善にとりくんで行きたいと思っています。

短時間正社員制度

男女共同参画やポジティブ・アクションなど、女性の活躍を推進する運動が活発化しています。
女性の能力を発揮できる取り組みは、まずは社内から始めることが大切でしょう。

当社は、小さいお子さんがいたパートさんが、少しでも安心安定して働けるよう、平成21年に「短時間正社員制度」を設けました。
詳しくは、導入事例としてネットに掲載してありますので、そちらをご覧ください。
「短時間正社員導入企業事例~株式会社ティーディエス」

この制度は、正社員が、介護等で短時間正社員を希望することも可能になります。
子育てをしてても、介護をしてても、働き続けることのできるしくみは、今後女性だけでなく男性にとっても必要になっていくでしょう。

制度を実施するにあたっては、日ごろから社内規程や賃金規程を整備していたことで、たいへんスムーズにはこび、「短時間労働者均等待遇推進助成金」の支給も得ることができました。

さきごろ労働局からの通達では、苦しい台所事情の中小企業でも、採用が促進でき、人材がキャリアアップしていけるような新しい制度ができています。

自社を、人を生かしながらどう展開していくか、の一助となると思います。

社内規程

社内規程は、法人として、すべてのスタッフが公平で、安心して働ける職場であるため、
また対外的にも、絶対必要なものです。

当社は創業25年目に入っていますが、社内規程は、設立当初、就業規則や賃金規程などのオーソドックスなのをそろえるのから始まり、短時間正社員規程や育児・介護休業規程など、時代の必要性から足してきたもの、客先から作るよう指示があった不適合管理規程など、気がついたら、現在20もの規程があります。

あげてみますと
1、就業規則
2、賃金規程
3、国内出張旅費規程
4、パートタイマー就業規程
5、従業員慶弔見舞金規程
6、役員慶弔見舞金規程
7、従業員退職金規程
8、役員退職慰労金規程
9、品質方針書/品質目標
10、品質管理規程
11、文書管理規程
12、組織規程
13、不適合管理規程
14、短時間正社員就業規程
15、情報セキュリティ管理規程
16、放射線管理規程
17、育児休業規程
18、介護休業規程
19、契約社員就業規程
20、反社会的勢力排除規程

毎年5月には、法律の改正なども踏まえ、宮崎県中小企業家同友会の「就業規則講習会」で学習したことを反映する、社内規程全般の見直しを行い、6月1日からの次期にそなえます。


さて問題です。
「規程」と「規定」の違いは、ご存知ですか?

Continue reading

個人情報保護教育

当社は、個人情報を取り扱う企業ではありませんが、適正な管理により、個人情報を保護し、法令順守を含む「企業の社会的責任」を果たさなければならないことには、かわりありません。

個人情報保護に関しても、社内でルールを決め、定期的に教育を実施しています。

確認テストの一部を、紹介します。

【問題1】個人情報を取得する際には、利用目的の「特定」と「明示」が必要である。
 正しい
 間違っている

【問題2】個人情報を第三者に提供する場合は、本人の同意を得る必要はない。
 正しい
 間違っている

【問題3】個人情報を取り扱う業務を社外に委託する場合には、委託先に対しても、自社と同じように、個人情報保護の取り組みを行ってもらうようにする必要がある。
 正しい
 間違っている

【問題4】日本の「個人情報保護」の水準はEUから認められているので、EUから日本への個人情報の移転は、自由にできる。
 正しい
 間違っている

Continue reading

情報セキュリティ教育

2011年以降、特定の企業や団体を狙うサイバー攻撃が急増し、大きな社会問題となっています。
当社では、情報セキュリティに関するルールを決め、社員の理解を深めるために、定期的に社内教育を行っています。
そして、きちんと理解しているか、確認テストを実施します。

今回は、その問題の一部を掲載します。


【問題1】ウイルス感染が疑われる場合は、ウイルス感染しているかどうかを確認することが重要なので、まずはネットワークにつないだまま、ウイルス対策ソフトでチェックしてみる
 正しい
 間違っている

【問題2】不審なサイトであっても、ボタン等をクリックしなければ、ウイルスには感染しない。
 正しい
 間違っている

【問題3】ウイルス対策や暗号化等盗難・紛失対策を行っていれば、個人のスマートフォンに会社情報を保存してもよい。
 正しい
 間違っている

【問題4】パソコンを社外に持出す場合、暗号化していれば外出に必要のない情報でも、持ち出してよい。
 正しい
 間違っている

【問題5】情報セキュリティ事故やその兆候を発見した場合は、ただちに上長に報告する。
 正しい
 間違っている

Continue reading

Index of all entries

Home > 図面屋の技術コラム > | TDSという会社 > TDSという会社 Archive

Return to page top