Home > Archives > 2007年4月 Archive

2007年4月 Archive

オレンジ色のローソン

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月28日 08:30
  • よのなか

DSCF0941.jpg
うちの会社の近くに、新しくローソンができた。このこと自体は珍しくない。ただ看板がオレンジ色なのだ。

以前、NHKの番組『プロフェッショナル』で、ローソンの社長新浪氏が、加盟店のオーナーと看板の色をブルーからオレンジに変えることで、熱く話し合っていた。
オーナーの皆さんは、私的な買い物をするのも、意識せずブルー系のものを手にとってしまうぐらい、こだわりがある。それを変えるのは、とてつもなく大変なことなのだと、日本を代表するコンビニのトップの苦悩があった。

どんなコンビニなのか、こしゃちょうママと探検してきた。
お惣菜が計り売りしている。コロッケ2つ買った。
野菜やくだものがおいてある。じゃがいも1個売りしている。70円。
「焼きたてのチョコクロワッサンができましたあ」の声に、おもわず「2つください」
宮崎のお土産がぞろりと並んでいて、どれも東国原知事のイラスト入り。日向夏ジュースを1本買う。

知事のイラストのちっちゃい旗があっちこっちにおいてある。
こしゃちょうママに「あれ、欲しいな」といったら「何するんですか?」「事務所においておくの」「なんで?」「かわいいから!」「・・・・・・」
事務所に帰って、同じこといったら、スタッフに「やめてくださいっ!」って言われた。
ええええ、なんでえ~?だいたい、どこに売ってるのかな?商工会議所かな?ねねねね、Kさん、旗振り隊長、商工会議所にある?

それにしても、このオレンジ色のローソン、ターゲットはどこに向いているのだろう・・・。

内科医がいない

我が家のある地域の中核医療施設の救急病院から、6月で内科医がいなくなるという。

市長が東国原知事に陳情に行った。その模様が宮崎のローカルニュースで放送された。私たちはもちろん、近所のおじいちゃん、おばあちゃんたちが夜・夜中、休日に具合が悪くなると担ぎ込まれる大切な病院だ。そこから内科の先生がいなくなるなんて!

知事は「とても難しい問題だから、慎重に検討しなくてはいけない」というような、いつになく”無難な”答えをしていた。そうよね、田舎の医療の問題は、まっかせなさい!なんて簡単に答えられないよね・・・。でも少し物足りなさを感じたのは確かだった。

昨夕、東国原知事のブログを見た。そしたら、このこと、ちゃんと書いているではないの!ローカルニュースは宮崎の人しか見ないけど、知事のブログは、毎日信じられないような数の人たちが見ている。この問題を全国発信したということか。これが、この人の強みなんだなと思った。

ブログを読んだ、たとえば宮崎出身の東京のお医者さんが、もしかすると「私が行きましょう」といってくれるかもしれない。また同じような問題で悩んでいた地域の人が、いいアイデアを教えてくれるかもしれない。

そのまんま東知事は”ブーム”と言われているけど、宮崎県の行政には”現実”しかない。日々の地味な努力と勉強と、今まで出来なかった、ではなく、先送りしたり、まっいっかとやってこなかったことに対する挑戦を、気力と能力を極限まで使ってやってほしいのよ。

あらんだまにゃんこ衣替え

朝はまだ冷え込むことがあるけど、もう5月の声を聞こうとしています。 私あらんだまおばさん、いつまでも暑苦しい着ぐるみなんか着ていらんないわよっ!ということで、さーふぁーゆうーちゃんに、5月バージョン作ってねとお願いしました。

かなり長い時間パソコンとにらめっこしている。・・・ちょっと不安・・・覗く・・・

釣竿持って魚持ってる私がいる!これって、あなたの趣味でしょ! 「完成?」と聞くと「こいのぼり、探しているんです」・・・こいのぼり・・・

しばらくして「オッケーですっ!」 私、目が半開き・・・

連休もありますので、今回早めにあらんだまおばさん5月バージョンの登場です。このブログ、ずずずずーっと下にスクロールしていただきますと、右端にいます。

名づけて『あらんだまこいにょぼり』 2007年5月のおばさん

燃えるツツジ

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月25日 13:12
  • 田舎暮らし
燃えるツツジ

姑の生家の隣家と我が家の木戸口にあるツツジ、今年も花は季節を忘れず、鮮やかに咲き誇っている。

姑が子供のころは、まだ生えている土手がしっかりしていたが、削ったり、台風などでくけたりして、今は、はなはだ心もとない状態になった。

土手には穴がぽこぽこ空いている。へびの穴だ。いつだったか、近所のわんぱく坊主たちが、穴を棒でつついていた。

こらあ~!なにやってんのっ!」と言わず、「あのね、ここ、へびの穴なの。へびってね、つついた人の顔おぼえていて、夜中に遊びにいくんだって」と静かに言ったら、ひえ~と恐怖の顔して逃げていった。嘘にきまってるでしょ!土手がさらに削られて、ツツジが倒れる心配があったからよ。

連休明けぐらいまで咲いているかな・・・。

Pタグ

10ヶ月ぶりぐらいで、うちの会社のホームページの二大付録ブログのひとつ『図面屋の技術ブログ』(もうひとつはもちろん『あらんだまおばさんの元気日記』)を更新した。執筆はさとちゃんパパ。

気休め写真

『技術ブログ』に興味を持っていただけるのは、仕事関係だけなので、あえて殺風景な作りにしていたら、加藤先生に「鼻じゃなくて花みたいな、内容に関係ない写真をぽこぽこ入れるといいよ」と教えていただいた。なんでかなあと思ったが、堅い話の中にそういうのを入れると、気休め(目休め?)になるらしい。

「”おばさん日記”もXHTML用に”Pタグ”とか使って書いてください」とさとちゃんパパに言われた。なにっ?それっ?

普段はずるずるワードのように文字を打ち込んでいるだけだが、”Pタグ”と使うというのは”効果的なXHTMLの正規の書き方”なのだそうだ。SEO対策ってことか。『技術ブログ』のソース見たら、いろいろ文字以外の記号が並んでいる。ITリーダー塾でお勉強してきたのは私なのに、さとちゃんパパに教えられてる・・・。

ということで、ここまで書いて、”Pタグ”を入れました。

いつもと何にも変わっていないって?ほんとだ・・・???

誇れる市長

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月23日 12:30
  • よのなか

故伊藤長崎市長の棺を乗せた車が、長崎市内を回る映像がニュースで流れていたが、どこも手を合わせる人の群れでいっぱいだった。

長崎市長にしても、広島市長にしても、通常の地方自治体の長(おさ)という役割のほかに、『平和問題』は否応なくついてくる。パン国連事務総長まで公の場で哀悼の意を表したことから見ても、ただの市長ではなかったということが、今さらながら解った。

核兵器廃絶が机上の空論になっているのは否めないが、誰かが声を上げ続けていかないと、子供の代、孫の代に、また恐ろしいことが、何の罪もない普通の人たちに降りかかってくる。

モンスターののど元を刺し続けた”小さな針”に、新長崎市長 田上氏もなれるか・・・。

笑いガス

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月22日 09:36
  • 思い出

結婚記念日
4月22日は結婚記念日。
あの日は、朝起きたときから笑いガスが私たちに充満していた。

宮崎のホテルの一室で、花嫁支度はお化粧から始まった。
生まれて初めてつけまつげをつけた。上まぶたが重くなって、目が開かない。そこへ夫(まだか)が入ってきて、背後から何か言った。「なに?」と振り返って見ようとしたが、目の前真っ暗。目が開いていないんだと、つけまつげを指でつまんで持ち上げ、夫と目があったとたん、二人で噴出してしまった。

文金高島田のお飾りを束ねてあるリングを取ったら、ぱっと開いたのが、これまたおかしくて、二人でゲラゲラ。涙でマスカラがにじみ、厚化粧の目元と口元にしわがよって、化粧はやり直し。

そんな状態で式が始まった。
厳かな神主さんの言葉も、なぜかおかしみを持って聞こえてしまう。悲しいことを考えて気を静めようとするが、くくくく・・・と笑いガスが体の中をめぐっている。隣の新郎も、懸命に笑いをこらえていた。

誓いの言葉を書いた封書を渡された。包んであった和紙を夫が落した。「あっ、落ちた・・・」彼がつぶやいたとたん、わあっと笑いガスがはじけてしまった。
読み上げる夫の声が震えている。感動でではない。笑いをこらえるのに必死なのだ。
指輪の交換も、杯を交わすのも、目を合わせたら厳粛な式を自分たちでぶち壊しかねない。
笑いガスと戦い続けた”つらい”結婚式だった。

それ以来、笑いじわは深く刻み込まれ続けている。
田辺聖子さんも言っていた。『人生、笑ってなんぼです』

町内会費

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月21日 10:00
  • 田舎暮らし

新年度になって、町内会費、我が家の方では公民館会費の徴収袋が回ってきました。

徴収袋には、『公民館会費』『土地購入資金』『消防費』『敬老会費』『城址祭会費』『区長手当』などの項目が並んでいます。

『公民館会費』は1100円X12ヶ月、これは通常の町内会費です。
『土地購入資金』は900円X12ヶ月、公民館を新しく建てるにあたって、上ものは防衛庁が出してくれたのですが、土地は地区の60余世帯で買わなくてはいけなくて、1戸あたり10万円の負担。それを借入利息とあわせて10年で払わなくてはいけません。
『消防費』は3500円、消防団の運営費です。
『敬老会費』は1000円、近年、お年寄りが増え、敬老会費はお年寄りが自分で払って、お弁当を食べるという事態になってきています。だから、敬老会招待者は70歳から80歳に引き上げようかという話も出ています。
『城址祭会費』は500円、地区が誇る(?)城跡のお祭りが11月開かれる準備資金です。最近は市からの補助の消えつつあり、値上げが予想されます。
『区長手当』は2000円、取りまとめをやっていただいている区長さんのご苦労をねぎらうお礼です。

足すと年間31000円、月にすると2500円余り。ちなみに、町に住んでいたころは、月500円X12ヶ月だけで済みました。固定資産税は思いっきり安いですが・・・。

やらない理由を探さない

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月20日 08:00
  • 仕事

本日の題目、自戒をこめて。

往々にして、”やらない”ときは、心の奥底に”よだきい(めんどくさい)、やりたくない”が潜んでいる。

まず、やる。そして、考える。また、動く。

でも、まずった理由は徹底的に探す。

往々にして、胃が痛くなるほどいやな作業になる。

でも、まず、やる。そして、考える。また、動く。

佇む影

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月19日 07:46
  • 思い出

神奈川県平塚市に住んでいたころ、土曜日夜10時ごろになると、四駆仲間が我が家に集まってきた。箱根湯元にある露天風呂に入りに行くのだ。

2台ぐらいに乗りあって、湘南道路(と呼んでいた)を一路西へ。行きは左に漆黒の湘南海岸、小田原あたりから箱根の山を目指す。温泉宿や土産屋を連ねる山道はうねっていて、上のほうから何台もバイクが滑走してくる。車体を倒し、カーブを曲がってくるのだが、反対車線に飛び出してこないか、いつもひやひやしていた。

閉館時間ぎりぎりに露天風呂に着くので、ゆっくり入っている暇はない。お風呂に入りにというより、四駆で夜のドライブが楽しかった。

ある入浴した帰り、夜中の2時近く、車中は私以外男性。別段会話にも加わらずに、窓の外の流れる景色をぼんやり見ていた。海岸線沿いの湘南道路の大磯あたりか、突然闇の中に、明るい2階の窓が浮き上がった。奥から人が出てきた。窓辺に立った。全裸の女性だった・・・。

両腕を上げ、窓のふちを持って、首をかしげ、海の方を見ている・・・。

きっと彼女は自分が見られているなんて思っていないんだろうな。圧倒されるような見事な裸形に、通り過ぎてもその姿を追っていた。

・・・しばらくして「今、裸の女の人が、窓辺に立ってたよ」と言ったら、車中の男ども、騒然となった。
「引き返すぞっ!」といっても、この道は一旦降りないと反対車線には行けない。
「ばかっ!なんでもっと早く言わないんだっ!」だってあなたたち、話に夢中だったじゃないの。
「若いのか、ばーさんか、どっちだっ!」・・・まったく!

あの佇む影は、記憶の中でスローモーションの幻になってきた・・・。

VistaかXPか

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月18日 12:37
  • 仕事

DSCF0914.jpg
もう5年ぐらい前になるか、こしゃちょうママの初出勤日、事務所の床には、パソコン1台分の部品が散乱して、夫とさとちゃんパパが、嬉々として組み立てをやっていた。彼女は何屋さんに就職したんだろうと思ったろう。
以前、うちの会社のたいていのパソコンは、部品を秋葉原などから調達して、組み立てて使っていた。今は既製品ばかりだが、デスクトップなら、カスタマイズできるデル製品を重宝している。

デルの広告が昨日の日経新聞に載っていたが、OSはXPになっていた。ちょっとびっくり。
同じ、消費面に『女性も家族の中古パソコン』と題して、”ソフトの互換性などを考えると、XP搭載のを買って行く”と調査記事を載せていた。だから中古パソコンも値崩れしていないらしい。やっぱりね。

3月上京したとき伺った客先は、Vista搭載のパソコンを買っていた。すでにあるXPのとうまくLANできず、データはUSBですくい出して使っている有様。この忙しい時、なんでこんなの買っちゃったの!とぶつぶつあっちこっちから聞こえてきた。

さっき送られてきた、バージョンアップしたCADソフトもまだVista対応ではなかった。

単独なら1台Vistaのを置いてもいいけど、仕事でとなると、ちょっとまだ浮いちゃうわね。

てくてく登校

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月17日 12:27
  • 田舎暮らし

学校へ続く道
新学期が始まり、朝の風景に子供たちの登校が、また加わった。

我が家の近くにある小学校は、こんな遠くから通うのかと思うほど校区が広い。中学生になれば、自転車という手段もあるが、小学校のうちは、ただひたすら、てくてく歩くしかない。
朝7時前には、それぞれの集合地点に子供たちが集まっている。それから歩きだす。雨の日も、風の日も、1時間も、てくてくてくてく・・・。
低学年は行きはバスに乗ることを許されるらしいが、帰りは歩くしかない。知り合いの子供は、毎日泣きながら帰ってきたそうだ。遠い道のり、途中から友達と別れてひとり、心細かったのだろう。

大きくなったら、てくてく歩いたこと、よかったなあって思えるよ。車に気をつけて・・・

笑いは疲れを癒す

木曜日の夜はたいてい心身ともに疲れきって、家に戻る。後少しで週末、まだ木曜かという狭間でどぼーんと落ち込んでいる。

とみに甚だしかった去年6月のある木曜日の夜、なにげなくつけたテレビドラマに思わず見入ってしまった。主人公は30歳、独身、酒癖悪く、妄想癖のあるちょっと太目の女性パティシエ。歯に衣着せず、ぽんぽん言いたいことをいうけど、実に愛すべきキャラクターなのだ。

『私の名前はキムサムスン』

韓国ドラマお決まりの、身分の(?)違い、不治の病、三角(四角)関係、家族の問題に加え、彼女が恋に落ちるのが傲慢な年下のイケメンというところがミソ。それを、コメディーというオブラートでやさしく包んだお話。

1時間、涙もあるけど、出演者の切れのいいせりふの本音に笑い転げると、なんか気持ちがすっきりして、”よし、あと少し、がんばるぞ”という気になる。(そのあと、NHKの『プロフェッショナル』を見るともっとやる気になります)

先日思い切ってDVDを買いました。何度見ても元気が出ます。見たい人、近くにいる人なら貸します。

はなちゃんの鼻模様

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月13日 16:38
  • 田舎暮らし

070413cat.jpg
はなちゃんは、パンダのトントン誕生の二日後、6月3日に、他の兄弟と押入れのお客布団の上で生まれた。
新生児はなちゃんは耳の先からしっぽの先まで真っ白!目が開いたらブルー!なんと麗しい子だろうかと思っていたら、日が経つにつれて、なんとなく、鼻のあたりと耳の付け根としっぽが黒ずんできた。それがどんどん定着してきて、いつの間にやらご覧のようなご面相になってしまった。

はなちゃんはちょろちょろ動くものが大好き。たとえば、とかげ、みみず、くも、いもり、もぐら、へび・・・。でも残念なことに、夫と私はあまり好きになれない。

ある晴れた休日、ぱたんとねこドアが開いて、はなちゃんが帰ってきた。なにげなく見たはなちゃんの顔がなんか違う。彼女のトレードマークの鼻の周りの黒が若干色が薄めになっているような気がした。目の錯覚かともう一度よく見たら、なんかひゅるっと鼻の模様が動いた。
ん?なに?とどきどきしながらよーく見たら・・・子へびの頭を咥え、へびが鼻のあたりで”とぐろ”を巻いていた!!

ぎゃあ~!次の瞬間、私は机に飛び乗った。声を聞きつけた夫がうわあ~!手に持ったら家では絶対離さないテレビのリモコン”だけ”持って、「なんとかしろお~」と、どこぞに消えた。

はなちゃん、お手柄を誉めてもらいたくて、近づいてきて、ほらっと小へびを放した。小へびは必死で逃げる。逃げるが方向が家の中に向かっている。「違う、ぎゃくぎゃく!」
はなちゃん、また小へびに飛びつき、手でこねくりまわす。「はなちゃん、へびちゃんとお外で遊びましょうねっ!」机の上に乗ったまま指令を出すが、聞くわけがない。
ともかく縁側のガラス戸を大きく開けなきゃ。彼女が小へびと格闘している間、机から飛び降り、がらがらと戸を開け、庭に転がり出た。
「はなちゃ~ん、おかあさんにへびちゃん見せて~」・・・きたきた。私の前で咥えた小へびをぱっと放すと、へびちゃん、命からがら茂みにもぐりこんでいった。

あれ~という顔をしていたが、まいっかと抱っこをせがむ。抱き上げたら、鼻のまわり、へびの生くささがたまらんっ!

宮崎県庁ツアー

宮崎県庁玄関
東国原知事の等身大のパネルが県庁に設置されたとニュースで言っていたので、昼休み、こしゃちょうママと行ってみた。ちょっと聞いてくるわと駐車場にとことこ歩いていったら、どうも”県庁に用事という雰囲気ではない人たち”が受付に群がっている。
「すみませ~ん、知事のパネルってどこにあるんですか?」
担当のおじさんが笑顔で「玄関にありますから、この駐車場に車を置いて、帰りに『物産館』に寄って、はんこもらってきてくださいね」と言う。周りのどうも”県庁に用事という雰囲気ではない人たち”が、にこにこ頷いている。そうか!皆パネル見にきたんだ!あわよくば、知事に会えたら!
県庁外観
以前、隣家のおじおばを宮崎県庁の外庭に連れて行ったら、おじが「子供のころ来たっきりじゃあ。知事のおりやる(いらっしゃる)ところじゃな」と言ったので、田舎のお年寄りにとってはそういう認識かと驚いた。

ほんの少し前まで、県庁に物見遊山になんて考えられなかった。大阪の旅行会社が宮崎ツアーに県庁を入れたそうだ。知事のパネルの前で写真を撮ろうとしたら、警備員さんがにこにこして「撮ってあげましょうか?」と声をかけてくれた。前は威厳があるほうが良しとしている雰囲気だったが、東国原知事になってがらっと変わった。

『物産館』は宮崎の名産品がたくさんおいてある。帰りそこに寄ってはんこをもらう。ついでに店の中うろうろして何か買ってしまう。私も”おさつチップス”を買いました。

ようやく宮崎はおもしろくなってきたかな・・・。

たけのこ掘り

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月12日 16:17
  • 田舎暮らし

竹やぶへ
桜、桜と上ばかり見ている間に、地面からたけのこがにょきにょきはえてきた。我が家の近所のおじさんおばさん連中、朝っぱらからたけのこ掘り用鍬を担いで、あっちの山こっちの竹やぶと奔走している。

掘ってきたたけのこは、家の外に据えた大釜で皮ごと茹でる。茹であがったばかりの、ゆげがほよほよ出ているたけのこをまず、がぶり。甘~い。少しさめたら、さんしょうの葉をそえた酢味噌をつけて食べる。これもまた美味美味。そのあとは煮物にしたり、てんぷらにしたり、味噌汁にいれたり・・・。食べすぎで胃が悪くなるほど、たけのこのオンパレードがまだまだ続く・・・。

システム手帳

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月 9日 12:44
  • 仕事

アナログシステム手帳
『スタイリッシュなシステム手帳を片手に仕事バリバリ』なんてキャッチフレーズにつられて買いに行ったものの、高いばかりで、なんか自分にあわない。あるとき、大学ノートでスケジュール管理をしているという話を聞いて、それもいいなと思った。もちろんバッグには別に薄っぺらい手帳を入れておかなくてはいけないけど。

うちの会社は期が10月始まりなので、10月1日からスケジュール管理は始まる。コクヨの100枚の大学ノート1冊で半年分の日付を、定規で線をひきひき書いていく。スケジュールや仕事のことはもとより、余ったページには新聞記事を貼ったり、映画や本の感想を書いたり、気になることばをなぐり書きしたり・・・。もうちょっとなんか合理的な方法もあるかとは思うが、何年か前のを読み返してみると、これがけっこうおもしろい。ちょっとだけ進化していて、今の自分を勇気付けられたりもする。

分厚くなった3月31日までのノートはおしまい。きのう、ようやく4月1日からの新しい大学ノートに線引きと日付入れ終わった。さ~てと・・・

女性の視点で考えるエネルギー

エネルギー講演
と題した講演に昨夜行って来た。講師は元TBSスポーツキャスターの木場弘子さん。開演前、演壇を見た彼女、こんな高いところからしゃべれませんと、わざわざ取り外したそうだ。観衆はもちろん女性ばかりなのでか、さっくばらんに「・・・だからねえ~」とか「だってさあ~」なんて、飾ることもなく東京弁でしゃかしゃかしゃべり続けた。

彼女は安部総理の諮問機関や総合資源エネルギー調査会の委員、千葉大学教育学部の先生まで広い分野で活躍されているので、「エネルギー」と演題は名をうっているが、話はそれだけにとどまらず、コミュニケーションから教育についてなど、話があっちこっちに飛ぶ。

漠然とエネルギー資源が飢えてくることはわかっていたが、省エネをしなければいけない理由は、経済性もさることながら、温暖化にみる環境性の問題や、エネルギー自給率たった4%!の日本のエネルギーセキュリティー問題からしても、大切なことだとよく分かった。行ってよかったです。

ところで、この講演に誘ってくれたヒカリねーさん!どこにすわっていたのっ!

サイトマップ

「ホームページにはサイトマップを整備して、分野ごとに作ること」とITリーダー塾で加藤先生がおっしゃった。サイトマップとはホームページがどういう構造になっているか、組織図形式で表したものと思っていた。・・・まだ作っていない。

ものの本を読んだら、ホームページにクローラーの訪問頻度を高めるために”サイトマップをしこむ”と書いてあった。Yahoo、Google、live Searchのクロール時間を節約するため、クロール側にメリットがある。つまりSEO対策用のサイトマップをカスタマイズしなさいということか。・・・こっちはしました。

ちなみにアクセス解析ツールで見たら、現在うちのホームページのランクは3。宮崎商工会議所K氏に”いいですね”とメールいただいた。私は、「いいですね、わかってんの」という意味にとっていた。何が分かってないのかと思っていたけど、「いいですねえ」とちょっと誉めてくれてたんだ。ニコニコマークでもつけてちょうだいよ。

新人の彼女

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月 6日 12:51
  • 思い出

学生時代聞いていた深夜放送のデスクジョッキーは、アリスの谷村新司やグレープのさだまさし。当時そんなにメジャーというほどでもなかった。だからというわけでもないが、番組主催の彼らフォークグループが出演する無料コンサートは、はがきを出せば必ずといっていいほど当たった。

場所は厚生年金ホールか中野サンプラザか、その日のコンサートはなぜか客の乗りが悪かった。何組か演奏したあと、新人を紹介しますと、薄暗い舞台そでから出てきた女の子は、実に垢抜けてセンスがいい。知らない人だった。歌が始まった。声に響きもないし、全然上手じゃない。でも曲も歌詞も斬新で、度肝を抜かれた。そしてなにより”華”があった。沈滞していた客席はみるみる引き込まれていき、割れるような拍手で終わった。

スカっと輝いていた彼女の名は荒井由美、曲はルージュの伝言・・・

Blognでホームページを作る

加藤先生のITリーダー塾を受講して帰ってくると、何をやったか私自身全部理解していないまでも、スタッフに話をしていた。さとちゃんパパは『今の時代はブログでホームページを作る。試しでどっかのをつくってみよう』と解釈していたらしく、気がついたら作っていた。それも3つも!

みやざき九条の会』と『佐土原町国際交流協会』と『宮崎バードカービング愛好会

ブログの作成は「Blogn Plus(ぶろぐんぷらす)」を使用。ムーバブルタイプより扱いは簡単で動作も軽いが、階層的には平たい。市販の解説書はなく、ネットでの情報収集で勉強して自分で使って覚えていくしかない。でも見た目エントリー画面などは、gooブログのような感じがした。

うちの会社のホームページは、ホームページビルダーからMTへの移行がほぼ完了した。あとはSEO対策。講習会最終日に作りかけのホームページを発表してはや2ヶ月余り。ようやくスタートラインについたのかな。

れんげ畑

DSCF0888.jpgれんげの紫色の花が絨毯のように咲いているところ、数年前までは田んぼだった。農家の高齢化や耕作の制限で、この十年余りの間、水田の風景がすいぶん変わった。全県に広がる杉山も一見緑豊かだが、実は手入れが行き届いていないので、山は疲弊している。

一見自然豊かな状態を保っているが、今なんとかしておかないと、きっと孫子の代に大変なことになる。東国原知事の「宮崎をどけんかせにゃいかん」は、ほんと、そのとおりよ。

MTで表を書く

うちの会社のホームページに『図面屋の技術ブログ』がある。図面を描いたり、それに伴う設計支援のデータを作成するなかで、気づいたことを書いていこうということではじめた。
ホームページビルダーですでにつくってあった分を、さーふぁーゆうちゃんにMTに移行してもらった。意外に難儀だったのだ。『技術ブログ』は、比較検証結果ものせていくので、当然表作成も出てくる。なにか簡単に作る方法はないか・・・。

・・・すると・・・わが社の頭脳、さとちゃんパパが見つけました!『xfy Blog Editor(エクスファイ ブログエディター)』
これなら技術ブログだけではなく、価格表も楽につくることができそう。

”SEO対策”としてどうでるかはわからないが、自分のところであーでもない、こーでもないとやっているのだから、ともかくいろいろなこと試してみよっと。

ワンセグ

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月 2日 07:34
  • 仕事

ワンセグ
「あらんだまさん、これちょっとつけてみていい?」さとちゃんパパがにこにこしながら、昼ごはんを食べている私のところにきた。彼がこういう表情をしているときは、いつも”わくわく”したことを見せてくれる。
パソコンのUSB取付口に、手に持っていた小さいものを差し込んだ。そして、モニター画面をクリックすると・・・あ~ら不思議!NHKが映ったじゃないの!

「えっ!なんで?何つけたの?」得意満面の彼が指差したのがワンセグテレビチューナー。普通のUSBに楊枝ほどの長さのアンテナがついている。テレビとは当然無縁、事務所で一番古いパソコン。モニターは唯一のころっとしたCRT。普段はプリンターとスキャナーのサーバーとして使っているだけ。
そういえば何日か前の昼ごはんのとき、私をのぞく皆でワンセグがどうのって話していたっけ。(私?お弁当食べるのに夢中でした・・・)実は事務所のテレビ、映り具合がひどい。一度アンテナを取り替えてみたけれど変化なし。朝昼晩のニュースぐらいしか見ない(聞かない)からいいかと、ほったらかしていた。

「てことは、家のテレビにつけたら地上デジタルになる?」「ならないです」「・・・あっそう・・・」それはだめか・・・。つけるところないもんね・・・。

画面をよくみると、しゃべる動作と音声が微妙にずれている。高校野球は動きが止まったりしている。HDDやメモリの問題かな?でもすごいね!さすが!さとちゃんパパ!

奇妙な風景

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月 1日 15:11
  • 田舎暮らし

奇妙な風景
通勤途中に撮った写真、右手は田植えが終わった田んぼ。中奥に満開の桜。左手にスイカ売り。
桜は4月、田植えは6月、スイカは8月・・・なんて昔教わったのに、この風景、季節がまざって不思議だなあと毎年思うの。

Index of all entries

Home > Archives > 2007年4月 Archive

Feeds

Return to page top