Home > 見てよし聞いてよし > 山下洋輔、宮崎でガーシュウィンを弾く

山下洋輔、宮崎でガーシュウィンを弾く

演奏が終わって
ピアノ講師を始めたころ、音大を出ていないのが引け目になってはいかんと、練習もかなりしたが、本も片っ端から読んだ。音楽理論から教育方法、果てはジャズピアニストの山下洋輔氏の著作まで。だから私の中では、彼はシャープな文を書く作家のイメージが強い。

その山下洋輔さん、ピアニストとして29日土曜日、県立芸術劇場で、大山平一郎指揮の大阪シンフォニカー交響楽団と競演した。
演目はガーシュウィン作『ラプソディー・イン・ブルー』

ソロで弾くところを、どう”料理して”聞かせてくれるのか、わくわくして席についた。
座ってみて、ちょっと席取り失敗と思った。ピアノ弾きの背中を斜め上から見えるポジションで取ったつもりが、真後ろ。オーケストラの様子はばっちり見えるから、まあいいか・・・。

この曲は、おもちゃ箱のような曲だ。次から次へと、おもしろいフレーズが飛び出す。
ジャズバンド用に作られた曲とはいえ、一応きっちりした楽譜はある。譜面に忠実にピアニストは弾くのだが、山下氏、興が乗ってきたら、どんどんどんどん自分の世界に入っていった。

かなり長く続くソロの部分、楽団の人たちは、嬉しそうな、どうなっちゃうんだろうと興味津々顔をして聞いている。リハーサルしても、そのときと即興部分が違うのだろう。
指揮者の大山さんはさすがに、まじめに譜をおっていたが、きっと「お願い!こっちに帰ってきてね」と心中祈っていたのではなかろうか。

演奏前のプレトークで、「ソロ演奏は一期一会、どこにいくのかは指に聞いて」とおっしゃっていたが、ほんと、その通り。山下洋輔の陶酔した世界に、会場中が浸っている。

曲はクライマックスに近づき、爆発するような演奏になってきて・・・出たっ!鍵盤のひじ打ちっ!出たっ!拳骨でごんっ!平手でばんっ!
会場は拍手が湧き上がった。

演奏が終わって拍手が鳴り止まない。楽団の人たちも舞台を足で踏み慣らし、すばらしい演奏をたたえた・・・。

アンコールは、しっとりと『サマータイム』、そして軽やかに『スイングしなけりゃ意味がない』

楽しい時間をありがとう!

コメント:6

ひとてま便店長 2007年10月 1日 10:02

見る人が見たり、聴く人が聴くと聴き方や見え方が違うんですね。
コンサートの場所取りの視点勉強になりました。楽団のそれぞれの心うちまで推測できる域って楽しそうです。

あらんだまおばさん 2007年10月 1日 12:46

ひとてま便店長
山下さんはどこぞの会場のピアノを、演奏で”壊して”二度とお呼びがかからなくなったことあったそうです。
今回見る限り、ピアノは大丈夫そうでした。

ほんもの店長 2007年10月 1日 17:42

あらんだまおばさん

あら~。ぼくもジャズすきなんですよ~。ここ2年くらいなんですけどね。

行きたかったな~。 ピアノの音色って

どこか、寂しげですよね?

あらんだまおばさん 2007年10月 1日 19:01

ほんもの店長
仕事しながらジャズのCDは聴きますが、やはり生演奏は違いますよね。
ほんと、楽しかったです。

すみいち 2007年10月 2日 08:50

今年はフジコへミングを聴き(2回目)にいきます。前回はものの30分ほどしか
演奏しませんでした。名声や他人の評価をあまり気にしない域に達してました。チェコスロバキア交響楽団はイマイチでしたけど。ピアノは癒しですね

あらんだまおばさん 2007年10月 3日 08:15

すみいちさん
フジコ・ヘミングさんの演奏、今度は”ちゃんと”聞かせてくださるといいですね。
私は今月は秋吉敏子の演奏会を聞きにいきます。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/297
以下の記事へのリンクを参照
山下洋輔、宮崎でガーシュウィンを弾く from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > 山下洋輔、宮崎でガーシュウィンを弾く

Feeds

Return to page top