« うーさぶっ! | メイン | あんなん財津さんの餃子 »

2007年12月 7日

雪の日の下校

昨日のコメントに、あいさんから新潟は雪景色とあった。

雪かあ・・・

小学校のころ、雪がかなり降り出すと、ほとんどの生徒が電車やバスで通学していたので、授業が切り上げられた。
授業がなくなって早く家に帰れることも、雪が降っていることも嬉しくて、いつもはぐずぐず教室に残っているのに、さっさと帰り支度をして学校を出る。

3,4年生の時だったか、粉雪がかなり降りしきる中バス停に並んでいたが、一向バスが来る気配がない。次のバス停まで歩こうよ、ということになり、友達7,8人で歩き出した。

次のバス停までの道中は、おしゃべりと雪で楽しくて、また次のバス停までいこうという。
その次のバス停まで、その次のバス停まで・・・と、のろのろ運転のバスが来ているのを横目に、結局終点の大塚駅まで、子犬たちが転げるように、ころころ笑いながら歩いてしまった。

学校を出て1時間半ぐらいかかっただろうか。
大塚駅について、さて山手線に乗り換えてと思ったら、雪のため運休!
バスは動いていたのに乗らなかった。山手線は疲れてもう歩きたくないのに動いていない。
私と同じ次の巣鴨駅まで一緒なのは友だちひとり。
家に電話したら「歩いて帰ってらっしゃい」と母にあっさり言われた。

大塚駅から巣鴨方面へは、かなり長く勾配のきつい上り坂がある。歩けるのだろうか・・・。
傘はさしてもほとんど役にたたず、制帽にもオーバーにもランドセルにも雪がつもり、手袋も長靴のなかもべちゃべちゃ。

それまでとはうってかわって、むっつり黙りこくって、ふたりで歩き出した・・・。
何度ころんだことか。足先や鼻先は感覚がなくなっている。雪がちっとも楽しくなくなった。

「じゃね、ばいばい」と、友だちとも分かれ、誰も足を踏み入れていない新雪の道にさしかかったとき、足がもつれて、ばったりうつぶせに倒れた。

もうじき家なのに、起き上がる気力もない。
ちゃんとバスに乗っていれば、今頃こたつで祖母とみかんを食べるだろうに、なんてばかなことしたんだろう。
雪に顔をうずめたまま声を出して泣いたが、声や音は雪が吸収し聞こえない・・・。

・・・やっとのことで家についたとき、母は雪だるまが立っているかと思ったそうだ。

♪ここから続き♪

投稿者 yoko : 2007年12月 7日 08:09| 思い出

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.td-sys.com/mt4/mt-tb.cgi/419

コメント

加藤先生
それって『北の国から』の世界ですね。
小心者の私は、冬の北海道だめそう・・・。

投稿者 あらんだまおばさん : 2007年12月 8日 08:55

あいさん
生まれもそだちも宮崎の夫は、若いころ雪が降ると”狂喜乱舞”してました。
隣家のおばは、うっすら積もった雪で、ちっちゃい雪だるまをつくって、冷蔵庫にいれ、来客に見せて、拝ませて!いたそうです。

投稿者 あらんだまおばさん : 2007年12月 8日 08:50

子供の頃
北海道に住んでいまして

地吹雪怖かったっす!

投稿者 kato tadahiro : 2007年12月 8日 00:00

こんにちは。
東京でもそんなに雪が降ることもあったのですね。
宮崎でも雪は降るのでしょうか?

私の車には、スコップ、長靴、軍手、車の雪下ろし棒、防寒着が積み込まれました。
( ^∀^)

投稿者 あい : 2007年12月 7日 11:12

コメントを投稿