Home > 見てよし聞いてよし > フェルメールは人の頭と共に

フェルメールは人の頭と共に

フェルメール展.jpg

たまの上京でスケジュールに必ず入れていくのは、美術館めぐりです。

東京にいれば、毎日曜日、ひとつづつ堪能することができるけど、今は”はしごして、駆け抜ける”が基本。

今回の”はしご”の1館目は、上野の東京都美術館。そう、言わずと知れた『フェルメール展』

なんと7点もの作品が一同に会して、展示されるという。お正月から楽しみにしていたのを、やっと実現させることができました。

それも、一緒に見ましょう、と言ってくださったのが、ブログ仲間の山梨の活木工舎woody-momさん。働く主婦は、時には、夫も子供も仕事も横にやって、自分の時間を作らないと、リフレッシュできないからね。わざわざ時間を合わせて、山梨からバスで、わたわたやってこられました。

・・・で、40分も待ってようやく入れましたが、静寂の絵を、落ち着いて見るには、あまりにも人が多い!

背伸びしたり、人をかいくぐったり、人の隙間になんとか体をさしれて前に出て、でも押されて、足を踏まれて・・・その頭どかしてちょうだいっ!!

7作品のうち、一番見たかったのが「小路」

左から光がさし、左側の顔を向けている絵が大半を占める、右効きの画家が、正面から大きな構図で描いたこの作品は、見ても見ても飽きがこない(だろうに)。風景の中に溶け込んでいる3人の女性が、日常に生きている。絵に隠されている寓意を詮索することもなく、向き合える作品は、暖かい。

・・・と感じた時は、もう出口でした。

いやはやなんとも、人の頭を鑑賞したような、だったよね、woody-momさん!

 

 

 

 

 

 

コメント:12

バルおばさん 2008年11月13日 21:07

「40分で済んだ」んですか(笑)。
私が東京の美術館に行く時は日曜なんで、1時間半待ちなんてざらです。だからついつい敬遠しちゃって…。
ほんとに東京に住んでたら、平日にどんどん行けるのにといつも思います。

woodymom 2008年11月13日 22:54

こんばんは。
>風景の中に溶け込んでいる3人の女性が、日常に生きている。絵に隠されている寓意を詮索することもなく、向き合える作品は、暖かい。
この絵をみることが出来て嬉しかったです。
室内空間を描く作品と異なり、”日常に生きている”を強く感じました。
12歳頃よりコローが好きな私にとって、親しみやすい作品でした。
>いやはやなんとも、人の頭を鑑賞したような、だったよね、woody-momさん!
お疲れ様でした。
主催は企画展としては成功なのでしょうが、鑑賞するどころではない。
TV「日曜美術館」の出演者達のようにゆったりした中で名画を堪能してみたいです。
という私も頭の一つなのですよね。

小紋 2008年11月14日 07:00

よかったね 見ることができて・・・ 人の頭から なーんてね。フェルメールのために 
彼に合わせて上京  頭が下がります。いまひとつ じっこうできませんでした。
昨日から読み返しているのが 「フェルメール殺人事件」 エイプリル・ヘンリーです。
ところで先日 テレビであった ヒトラーとのかかわりの話 みました?

bくま 2008年11月14日 09:05

おはようございます

サミットではお世話になりました

フェルメール・・先日テレビで特集をしていました

田舎にいるとなかなか芸術に出会えなかったりしますよね

私も美術館めぐりは大好きです

私のブログにリンクさせていただいてもいいでしょうか?

なかむ 2008年11月14日 09:13

40分も待っての入場なんですね(驚)
すごい人気があるのですね!

確かに、東京っていろんな施設やお店や
情報が集中していて便利で羨ましい
ところですよね(^^)

内山農産のチカ 2008年11月14日 17:43

こんにちは。

あらんだまおばさんさん(^^;も芸術がお好きなんですか。
私も好きで、かなりの頻度で上京します。
先月も2回、今月もこのあいだ行ってきました。
時間や人の多さに惑わされて鑑賞するのは、こりごりです。
集中できません。

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:22

バルおばさん
ものすごかったです。なんでこんなに見にくるのよっ!、て私もそのなかに入っているか・・・

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:24

woodymomさん
今思い出しても、よく絵のことは覚えていないの。もうちょっと分散しておいてくれていたら、よかったのにね。

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:27

小紋さん
ヒトラーとのかかわりのテレビ見ました。ヒトラーは画家志望だったなんて、人生わかりませんね。
贋作の話も、純粋にこの絵が好き、って見てればいいのであって、いくらの価値があるだのからむから、ややこしいことになるんだな、って思いました。
今回の鑑賞、好きも嫌いも無く、ただひとのおつむを見ていたような気がします・・・。

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:28

bくまさん
ようこそ!
リンク、こちらからもお願いいたします。
また遊びにいきますね。

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:30

なかむさん
新幹線にのって静岡から上野まで、1時間ぐらいでつきました。
いいですねえ、首都圏に近いし、富士山にも近くて・・・2次会、楽しかったですね!おいしかったし!

あらんだまおばさん 2008年11月14日 18:33

チカさん
宮崎はいいところなのですが、文化的な要素としては、ちょっと物足りないの。
だから、上京すると美術館”はしご”で、かけずりまわることになります。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/603
以下の記事へのリンクを参照
フェルメールは人の頭と共に from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > フェルメールは人の頭と共に

Feeds

Return to page top