Home > 見てよし聞いてよし > サーカスがやってきた

サーカスがやってきた

木下大サーカス.jpg

宮崎に木下大サーカスが15年ぶりにやってきました。

子供のころからサーカスを”映画”で見てきたから、すっかり何度も行ったことあるような気になっていましたが、実は、本物は一回もありません。

空中ブランコや綱渡り、ピエロは想定内だけど、動物園の面々をつれてやってきたり、箱の中に入ったお人形が生きた美女になってでてくる、なんていうのもありとは、今時のサーカスのエンターテイメントは多岐に渡るの、知らなかった・・・。

一緒に行ったのは、もちろん、好奇心が服着てつんのめって歩いている姑あらんだまばーちゃんと、その行動力は、ばーちゃんに勝るとも劣らない妹おば、と私。

日曜日だったからか、会場は超満員。小さいこどもたちは、アクロバットなショーより、のそのそ歩くシマウマやキリンが出てくると、「がんばれーっ!」(なにをじゃ)と絶叫。

年寄りふたりは何がうけたかというと、とらやライオンやライガーが、お手やらころっとやらするショー。

ばーちゃん曰く「よだきもんじゃけんどん、しょうがねーかいよ、ちーっと芸でもしちみろかい(標準語でいいますと、退屈だけど、仕方が無いから、ちょっと芸でもしてみましょうか)ってなふうやね」

そんな宮崎弁でライオンが言うわけないでしょ、ですが、彼女の解説で見てみますと、そんな風に見えなくもない。彼らの足の運び方や体の動かし方は、うちにいた猫たちと同じ。ネコ科は、大きくとも小さくとも、のっそりのっそりは変わらないのね、と妙なところで感心しました。

もちろん、スリリングな何分かの演技にかけるプロの集団は見ごたえ充分、楽しい2時間でした。

関連エントリー

コメント:9

バルおばさん 2008年12月24日 18:54

私は半世紀近く(おおっ!)も前に地元でサーカス見ましたよ。こんな今風なテントでなくて、郷愁がある
音楽とか、崩れそうな雑な作りのテントとか、何か不思議な物悲しさもありましたね。
でもあの頃は日本中が熱気があった時代で初めて見るライオンの芸なんかに大人も子供も大興奮でした。

つぼひ 2008年12月25日 12:47

こんちわ~^^
私、いまだサーカスって観たことありません^^;
やはり想像したとうりのテントで開催されてるんですね^^
今風のサーカス観てみたいです^^

ウッディマム 2008年12月25日 13:00

私も初めてのサーカスはボリショイサーカスでした。
しかもバブルの頃だったのでカード会社の懸賞応募でゲットした招待券。

 空中ブランコをとっても楽しみにして行ったことと、クマ達の曲芸だけ記憶に残っています。

木下大サーカスは今でも健在で活動されているのですね。
何だかホッとしました。
それにしてもあらんだまばぁちゃんの好奇心は凄いです。

あらんだまおばさん 2008年12月25日 17:18

バルおばさん
うちのダーリンも、半世紀前!のサーカスで、へびを飲み込む人を見たと申していました。
物悲しい感じがしたようですが、今は違います!音楽がスターウオーズがんがんでしたもの。

あらんだまおばさん 2008年12月25日 17:21

つぼひさん
このテント、外からみるとそんなでも無いのですが、ハリーポッターに出てくるテントみたいに、中はものすごく広いです。きりんもゾウも芸できるくらいですから。

あらんだまおばさん 2008年12月25日 17:23

ウッディマムさん
写真右の2人、うわさのばーちゃんとおばです。
わくわくしながら歩いていたのを、後ろから撮影しました。

Anonymous 2008年12月27日 08:06

やっぱりそうだ!  母の姿みたい。
楽しいサーカス   この前みたの何年前だろ

kato 2009年1月14日 23:45

動物達可愛そうで悲しいです。

あらんだまおばさん 2009年1月16日 08:01

加藤先生
そうかもしれませんね。
うちに毎晩泊まりにくるご近所のねこは、風のふくまま気のむくまま・・・うらやましいだろうなあ・・・

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/629
以下の記事へのリンクを参照
サーカスがやってきた from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > サーカスがやってきた

Feeds

Return to page top