Home > 田舎暮らし > 小梅が色づく

小梅が色づく

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2009年4月10日 19:10
  • 田舎暮らし

畑にぼうぼう生い茂っていた雑草を、耕運機で"一毛打尽”にし終えて、やれやれ、と思っていたら、小梅の木に愛らしい実が、ほほを染めているじゃありませんか。

次は梅ちぎりが待っていました。

小梅からはじまって、普通サイズの梅の木が5、6本あります。
問題は、ちぎってから・・・小梅や梅をどう加工するか・・・。

こういうときはお友だちに聞くにかぎります。
梅のプロといったら、宮崎県都濃の梅もんじゃ けんぼー農園こと黒木果樹園のやいちん
毎年みごとな南高梅を生産して、たくさんのお客様から愛されている農家です。
「ねねねね、やいちん、梅のレシピ教えて~」

私はお酒がまったくだめなので、梅酒は苦手。砂糖と梅をつけこんだ梅シロップでも、みごとに酔っ払います。でもそれを調味料で使うことは考えませんでしたね。

やいちん伝授の梅のメニューには、そのほか、らっきょう酢で梅をつける、とか、青梅をジャムにする、とか、なるほどなるほど、がたくさんありました。


昨日の宮日新聞に、農民作家の山下惣一さんが、『百姓という存在』という題で、米も作れば炭も焼き、牛も飼えば石工もやる。味噌も作れば、どぶろくも造る、これまさに「百姓」・・・うんぬん、というエッセイが載っていました。

せっかく授かった大地と、自然と大格闘するって、日頃のストレス発散になっているのですが、これまだ趣味の域だから、のんきなこといっていられるんでしょうね。
でも週末楽しみ楽しみ・・・。
小梅が色づく.jpg


コメント:7

小紋 2009年4月11日 12:37

色つきましたね 楽しみですね。
 家も 久しぶりにたくさん咲いたので 上を向いて 歩いています。

内山農産のチカ 2009年4月11日 13:35

こんにちは。

そちらでは、梅「ちぎり」というんですね。
こちらは梅「もぎ」といいます。
我が家にも梅の木があって、毎年梅干や梅酒をつけますね。
母と祖母がおいしそうに梅酒を飲んでいます^^;

あらんだまおばさん 2009年4月12日 09:48

小紋さん
梅を竹でたたきおとす前に、下に生えている雑草を刈ることからはじめなくてはいけないことに気がつきました。
でないと、雑草の下に梅が隠れてひろえません。
ですから今日の梅ちぎりは延期となりましたの・・・。とほほ・・・

あらんだまおばさん 2009年4月12日 09:54

チカさん
東京で生まれ育った私も、もぐ、のほうがしっくりいくのです。
背負うは、からう、っていうし、片付けるは、なおす、だし・・・
そうだっ!こんど、これブログに書こうっと!

小紋 2009年4月12日 19:35

背負うは からう ここは かるうです。
 おみこしなどは 掻く   片付けるは なおすです。
 やっぱり ちぎるだわ。ブログの種は あちこちに ころがってますよね。
 「こける」は ころぶです。

やいちん 2009年4月13日 15:26

あらんだまおばさん
ご紹介ありがとうございます

梅ちぎり延期になったのですね。。
うちも連休明けから梅ちぎりが始まります。
今から体調整えて、がんばりますね。

あらんだまおばさん 2009年4月13日 19:11

やいちん
草刈する時間がないので、今日シルバー人材センターというところに電話して、きていただくことにしました。
うめちぎりより前に、豆ちぎりをせんといかんようです。
やいちん、がんばりすぎんごつね。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/695
以下の記事へのリンクを参照
小梅が色づく from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 田舎暮らし > 小梅が色づく

Feeds

Return to page top