Home > おいしかもん > 我が家の冷汁

我が家の冷汁

昔は、夏の農作業の合間に、さぶさぶっとかき込んで食べる、なんのへんてつもなかった冷汁が、今や宮崎名物となり、定食だと1000円ちかくする、”ごちそう”になってしまった。

うちは、煮干の頭をとって細かく手で砕き、すり鉢でごりごり。
次に白ゴマをいれて、またごりごり。
つぎに味噌を入れて、こねこね。
・・・冷汁味噌のできあがり。

食べる分だけすり鉢に残して、とーふを入れて、またこねこね。
まざったあたりで、お湯を入れてのばしていく。
中に浮かすのは、たまねぎ、きゅうり、しそっぱ、ねぎ。いずれもみじんにして、まぜまぜしたらできあがり。

いつも目分量なので、味が濃かったら水を足す、薄かったら味噌を足す、で調整。

それに、なすのぬかづけ、めざし、わかめの酢の物でもあれば、店屋の定食もびっくりのごちそうになる。

夏ばてで食欲不振なんて無縁の、我が家の食卓です。
冷汁味噌をつくる.jpg
冷汁の完成.jpg

コメント:4

晶子 2009年8月28日 23:43

冷汁、聞いたことはあるのですが、食べたことはありません。

けっこう手の掛かるレシピなんですね。

でもとっても美味しそう。

あらんだまおばさん 2009年8月29日 17:38

晶子さん
冷汁用みそは、作りおきがきくので、一度に大量に作ります。
家によって、おとうふを入れたりいれなかったり。たまねぎいれたりいれなかったり。
我が家は、どろどろしますが、味がマイルドになるので、おとうふは必須です。
みょうがも微塵にしていれると、グーです。
栄養満点、ぜひ作ってみてください。

小紋 2009年9月 1日 17:01

やっぱり 熱い味噌汁になってしまいます。
 ひとつ まねしてみましょうか。

あらんだまおばさん 2009年9月 1日 19:23

小紋さん
昔は、麦飯だったと聞きました。
冷えたご飯に作りたての暖かい冷汁をかけるもよし、焚きたてごはんに冷蔵庫に入っている残り物の冷汁をかけてもよし、ざっぶざっぶ食べられます。
作ってみてください。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/770
以下の記事へのリンクを参照
我が家の冷汁 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > おいしかもん > 我が家の冷汁

Feeds

Return to page top