Home > 仕事 > 雲の中にコンピュータを仕込む

雲の中にコンピュータを仕込む

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2009年11月14日 10:47
  • 仕事

うちの仕事の柱のひとつである構造解析。
専用ソフトであるFemap with NX Nastranを使用するだけでなく、Excelで作ったマクロを介して、数字を練り上げていく。

そのExcelを、客先の意向で、この仕事に携わる会社は全て、バージョンを2007にすることと相成った。

泣く子もだまるお客様のご指示。
はっはー、かしこまりました、と言いたいところだが、費用が発生してくる。

うちの会社の場合、手始めに、少なくとも5台分をバージョンアップさせないといけない。
さとちゃんぱぱに調べてもらったら、”ボリュームライセンス”という契約にするのがベストらしい。

で、おいくら?(どきどき・・・)
5本分で、20万円也!(これミニマムで!)

・・・さいふをにぎる私としては、試案のしどころ。
費用対効果としては、そりゃもちろん投入しなくてはいけないところですが、マイクロソフトは数年後、ほら、買い換えんと仕事できんやろ、ってするだろうな・・・。


それこそ、クラウド(雲)・コンピューティングになってくれたら、どんなにありがたいか。

個人や企業のパソコンにハードやソフトを保管していたのを、ネットワーク上にあるサーバーにアクセスすることで仕事ができる状態にしたもの。
使用量分だけの料金が発生するので、いちいちソフトを購入しなくていい。
だからコストダウンはもちろんのこと、うちのように絶えずフェーズ合わせが要求される作業も、能率も向上する。
システムダウンすることもないし、パソコンを買い換えたときの設定しなおしや、データの入れ替え戦もない。

いずれパソコン・ネットの世界は、クラウドシステムに移って行くだろうけど、
安全性はどう確保されるのか、ここが一番の関心事だと思うの。


それはおいておいて、来週、Excelの話をつめないと、次にすすまない。
クラウドは、うちの会社、まだまだ雲の彼方です・・・

コメント:4

バルおばさん 2009年11月15日 00:05

わぁい、皆目分からないわ~、あはは。
雲の彼方のクラウドならぬ、それを理解出来るあらんだまさんは私にとって雲の上、オン・ザ・クラウドだわ。
せっかく買った一眼カメラ、ぜひお使いくださいよ。
確かにあの大きさは超ネックで、それが嫌で私もしぶってたんですよ。でも大きめのショルダーバッグに入れておけば、使う時だけ首掛け(うん、結局こうなっちゃいますね…)。

保険屋あい 2009年11月15日 17:51

こんにちは。
私もパソコン入れ替えたい気持ちはあるのですが
ソフトをインソールしたり、設定し直したり、データ移行...
面倒なことが嫌な年頃です
。゜(゜´Д`゜)゜。

あらんだまおばさん 2009年11月16日 19:43

あいさん
人から見ると、私はなんかよくわかっているように思われているらしいのですが、実はぜーんぜんだめなの。
いつも「だれか~!なんとかして~!たすけて~!」
こればっかり・・・

あらんだまおばさん 2009年11月16日 19:47

バルおばさん
カメラでぽちぽちどこか押さなくてはいけないのって、つらくありません?
近眼に乱視なうえ、最近は老眼も入って、近くも遠くもみえやしない。
しゃべると聞いてくれるカメラがいいなあ・・・

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/817
以下の記事へのリンクを参照
雲の中にコンピュータを仕込む from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 仕事 > 雲の中にコンピュータを仕込む

Feeds

Return to page top