Home > 愛する宮崎へ > 河野元副知事とお話する

河野元副知事とお話する

東国原知事の陰にいて、お顔もはっきりと存じ上げない、河野(こうの)元副知事は
広島県呉市出身 家具屋の息子さん 46歳 東京大学法学部、ハーバード大学ロースクール卒業、自治省入省

宮崎県の将来を託す人になるかもしれない。

田舎のじーちゃんばーちゃんは、知事というと、いまだに「お偉い知事様」のイメージがあるらしく、フットワークが軽く、頭の低い東国原知事は、異色の存在だった。

今度知事になる人のメイン業務は、口蹄疫被害からの復活。
県の基金も、あと数年で底つくらしい。
引き継ぐ県政のかじ取りは、一筋縄ではいかない。

でもやらなくては、とおっしゃる。
「真の意味での”県民総力戦”は、支持率90%を超える知事のあとから始まる」とも。

河野副知事とお話する.jpg東国原知事は、ほんとうに頭のいいかたです、と断言される河野さんこそ、スマートさと人間的魅力が十二分に感じられた。
ようこそ、このかたと宮崎県とが、ご縁があったものだ。

人となりが確認できた、貴重な2時間でした。

コメント:0

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1027
以下の記事へのリンクを参照
河野元副知事とお話する from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 愛する宮崎へ > 河野元副知事とお話する

Feeds

Return to page top