Home > 私と家族と友だちと > 米寿を祝うことは、ならぬ

米寿を祝うことは、ならぬ

姑あらんだまばーちゃんは、昔から口やかましく、
先日も、「薬を飲むから、ぬるま湯ちょうだい」といわれ
湯のみに、水をいれ、お湯を注いだら、どか~ん!と叱られた。
「湯のみには、お湯から入れるもんだっ!」

50を半ば過ぎても、まだまだ叱られることの多い嫁だけど、ばーちゃんが元気でいてくれることは、ほんとうに嬉しい。

彼女は、8月に88歳になる。

先日、年寄りばかりの親戚連中が集まった席で、今年88歳、つまり米寿になる人が何人かいることがわかった。

夫が「じゃあ、皆さんのめでたい米寿のお祝いをしましょう」と提案したら、
ばーちゃんは、「冗談じゃない!」と強硬に反対する。

理由は、お祝いをすると、早死に!するそうだ。

元気で長生きしてもらいたいので、米寿のお祝いは、即取りやめ。
そのかわり、近々くるばーちゃんの兄の祥月命日に、高屋温泉で鯉料理を食べることにした。

これには、皆さん大賛成。
温泉に入って、おいしいものを食べ、わいわい楽しくおしゃべりをする。
これが何よりのお祝いになるかもしれない。

コメント:5

バルおばさん 2013年5月11日 20:57

え~?! 知りませんでした、お祝いすると早死にぃ?
私もお義母様に怒られそう。

今月のあらんだまさん、この間見にきたら「艶やか状態」保ってましたが、今回はほのぼの状態なんですね、かわいい♪

保険屋あい 2013年5月12日 19:36

こんにちは。
元気で長生き、良い事です。(^^ )

あらんだまおばさん 2013年5月16日 15:44

バルおばさん、姑は、たぶん三桁までいくと思う。夫や私のほうが、あぶない・・・イラストはスタッフが作っていますが、「若づくりするように」をはずさないことが鉄則です!

あらんだまおばさん 2013年5月16日 15:45

あいさん、寝たきりになって長生きが、増えてきましたが、それではなんにもなりません。足も腰も口も達者、でいてもらわないと

Yoshihiro Takemoto 2013年6月 6日 17:51

お久しぶりです(^^
会社設立26周年ですか^^
凄い事ですね!

娘もお陰さまで今年1月に5歳を迎え、早いものでもう年長さんです。
来月ヘルニア(脱腸)の手術を控えてはおりますが、本人はいたって元気(^^!
親は心配で毎日気が気ではありませんが…。

「米寿」のお祝いは”早死にする”からダメなんですねw(o_o)w
いろいろと勉強になる記事をありがとうございます。

みなさまのご健康をご祈念申し上げますm(_ _)m

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1298
以下の記事へのリンクを参照
米寿を祝うことは、ならぬ from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 私と家族と友だちと > 米寿を祝うことは、ならぬ

Feeds

Return to page top