Home > 図面屋の技術コラム > | 設計 > ボルトのトルク値と軸力の関係

ボルトのトルク値と軸力の関係

ボルトを使用する際、選定するにあたってネジの材質や潤滑状態等によって軸力にバラつきが生じやすいと考えられますが、参考程度にトルク値と軸力の関係を記載します。

トルク値の計算方法
 トルク=ボルトの有効断面積×ボルトの耐力×破損しない為の低減係数×ボルトの外径×トルク係数
sagyouin1.png 
例えば材質がSS400でサイズがM10の場合は

  58.0 × 245 × (0.7) × 10 × 0.2
 =19,894(N-mm)
 
 上記の条件での軸力

  軸力=トルク/(トルク係数×ボルト外径)

  なので、19,894N-mm / (0.2 × 10) = 9,947Nとなる。

  また、静止摩擦係数を引用し摩擦力を確認することができる。

  摩擦力=軸力×静止摩擦係数

  なので、9,947N × 0.3 = 2,984N

  1本あたり約300㎏の耐力があると考えられる。

使用する物や状況により、考え方等は変わるかと思いますが参考になれば幸いです。

(2019/10/08:高山)

※このコラムに掲載した内容に関してのご質問には、お答できません。
ご了承ください。

Home > 図面屋の技術コラム > | 設計 > ボルトのトルク値と軸力の関係

Return to page top