Home > 図面屋の技術コラム > 構造解析 > 溶接のサイズについての覚書

溶接のサイズについての覚書

構造物の溶接のサイズで疑問に思うことがあり、調べてみました。それを覚書として掲載します。

 ・隅肉溶接のサイズは、薄いほうの母材の厚さ以下でなければならない。

 ・T継手で板厚6mm以下のものを隅肉溶接で接合する場合は、隅肉サイズの
  薄いほうの板厚1.5倍、かつ6mm以下まで増すことができる。

 ・板厚6mmを超えるものを隅肉溶接で接合する場合は、隅肉サイズは4mm
  以上、かつ1.3√t(mm)以上でなければならない。(t=部材厚さ)

 ・鋼管の分岐接手の隅肉サイズは、薄いほうの菅の厚さの2倍まで増やすことができる。
溶接.png

以上、忘れがちなことなので確認しながら今後進めようと思います。

(2020/07/16:二見)

※このコラムに掲載した内容に関してのご質問には、お答できません。
ご了承ください。

Home > 図面屋の技術コラム > 構造解析 > 溶接のサイズについての覚書

Return to page top