Home > 思い出 > お彼岸

お彼岸

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年9月25日 07:05
  • 思い出

彼岸の墓参り
我が家の隣家は姑あらんだまばーちゃんの生家であり、近くに一族のお墓があるので、姑は節目節目の行事には必ず、兄弟たちと訪ねてくる。

その昔、まだ舅あらんだまじーちゃんが元気なころは、二人で軽乗用車に乗ってきた。
舅は、小学校の校長を退職してから、運転免許をとった。運転していくところは決まっていて、近くに嫁いだ娘の家と、車で30分ぐらいの妻の実家。

ある秋の彼岸の日、舅はいつものように妻を助手席にのせて、墓参りに来た。
もう少しで行き着くという手前にある急な坂道で、車はエンストした。
舅は若葉マーク。妻は免許なし。周りに人もいない。

「んんん~」と考え込んだ夫に、妻は「どうなさったとですか?」
「んんん~、動かん・・・」 妻はにこにこしながら「私が後ろから押しましょか?」
「うにゃ、それはいい。それより”(車の)仕様書”を取ってくれ。読むから」

私が運転して姑たちと墓参りにいくとき、そのエンストした坂を通る。そして、いつもこの会話を思い出す。
苦虫をかみつぶしたような顔をしていたであろう舅と、どんなことも動じない姑のコンビは、どのようにしてその苦難を脱したのだろうか・・・。

コメント:4

宮崎のバードマン 2007年9月25日 14:28

坂道でのエンスト、サイドブレーキちゃんと引いてたかな?後ろに下がったのでは?いったいどうなったのかな?気になります。

あらんだまおばさん 2007年9月25日 18:25

バードマンさん
この先どうなったかは聞いたことないのですが、たぶん、姑が、だれか人を呼んできたのではないかと思うのです。

ひとてま便店長 2007年9月25日 20:02

後ろから押していたらとんでもない悲劇ががががががが。
仕様書をとる選択でよかったです。

あらんだまおばさん 2007年9月26日 07:54

店長
年寄り二人の、まじめな、なにげない会話なのですが、よく考えるとおかしくて。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/291
以下の記事へのリンクを参照
お彼岸 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 思い出 > お彼岸

Feeds

Return to page top