Home > 私と家族と友だちと > 本屋で立ち読みして泣く

本屋で立ち読みして泣く

西原理恵子さんの漫画
仕事帰りふらりと立ち寄った本屋。入ってすぐのところに、平積みされている新刊本にざっと目をやる。

開けば活字だらけであろう本の中に、開けばカラフルな漫画であろう本がまざっていた。

西原理恵子著『毎日かあさん4 出戻り編』(毎日新聞社 880円)

もう長いこと、毎日新聞に週1回、彼女の漫画が掲載されている。
彼女と息子、娘、元夫と、とりまく人々や出来事を、抱腹絶倒と胸きゅん入り乱れて描いている”西原理恵子ワールド”は必見!

今度の単行本はどんなかなと、新しいページをぺりぺりめくりながら見ていった。
最後の方のページにきたとき、見開きいっぱいに描かれた絵-病室で死がせまっている元夫と彼女の対話、次のページのおどけた二人の子供たちの絵をみたら、本をもったまま、ぼろぼろ涙が止まらなくなってしまった。
まわりに人がいるしとか、まだ買っていないのにとか、自分に言い聞かせても、涙があふれてくる。

西原さんの子供たちの父親、鴨志田穣氏は戦場カメラマン。この3月、42歳の若さでガンで亡くなった。
たぶん壮絶な結婚生活だったであろうことは、彼女の漫画から想像はついていたが、それはいつも笑いの渦の中においやっていた。

ひとしきり泣いて、どうしようかな、と思ったが、買わずに本屋を出ました・・・。売り上げに貢献できなくて、ごめん!

コメント:4

kato tadahiro 2007年9月24日 10:50

西原理恵子さんの本は全部もっています!
昔から彼女の破壊的パワーが大好きでした。

今度、飲み会でその話をしましょう

あらんだまおばさん 2007年9月24日 13:10

加藤先生もファンでしたか!
彼女の『ああ息子』はご存知ですか?
うちのおいっこは、あほなことばかりやっていましたが、これを読むとまだ上がいると安堵したものでした。

ヒカリねーさん 2007年9月24日 17:00

私は知りませんでした。(驚き)
あらんだまさんの優しい心に
とてもストレートに響いたんですね

あらんだまおばさん 2007年9月25日 07:53

ヒカリねーさんも読んだらきっと泣きます。
ただ、普通だったら買って帰るのに、私は立ち読みですませました・・・。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/290
以下の記事へのリンクを参照
本屋で立ち読みして泣く from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 私と家族と友だちと > 本屋で立ち読みして泣く

Feeds

Return to page top