Home > 仕事 > 新しい方向性

新しい方向性

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年11月 3日 07:06
  • 仕事

単純なのだが手間がかかるばかりで、儲けならない地元の仕事でも、つながりがあってなかなか断れない。

しかし、ある図面屋の社長がブログで、『儲かる図面を描こう』と書いていたのを読んだ。

「お客に頭を下げた分だけ利益が下がる」
「思いっきり吹っかけると、安いのが好きな人は姿を消す」
「儲けることはいい仕事をすること」
「お客を選ぶのは自分」
「実力とはお客を選ぶ技術」
「実力はお客の質に応じて向上する」

けだし名言!

今期のうちの会社、方向性を変える。
客もスタッフも喜ぶ、儲かる図面を描こう。

コメント:8

工具やの娘 2007年11月 3日 14:28

商売人は「儲かる」って言葉をなんども何度も考えちゃいますね。

儲かるってどういう事なんだろう。
お客様もスタッフも会社も心から喜ぶって。

私も日々考えています。

柳っち 2007年11月 3日 18:05

 先日は、コメントいただきましてありがとうございます。
 私の実家(ホテル)の話ですが、今年の夏くらいから、宿泊金額の厳しいツアー客さんを断りはじめています。
 宿泊人数は減っている感じですが、客単価が上がって、従業員もあまりばたばたしなくなりました。何とかなっているような気がします。
 お客さんが喜んでいただけることが前提ですが、従業員に給料が出せて、自分もそれなりに生活できるくらい儲かればいいかなと思っています。
 何か考え方が消極的かな。
 
 

名前yuuko 2007年11月 3日 22:25

そうですね、商売は儲からなくっちゃいけません。
ただ売れればと思っている我が家はどうなるの?
もう少し、頑張らなくっちゃ!

かもめのヨーコ 2007年11月 5日 11:29

まだスタートしたばかりで、儲かるなんで私にはまだまだ・・・。
まずはお客さんに喜んでいただき、自分の日当が出ればと思っています。
でも、好きなことをやっているし、少しずつ世界も広がり始めているので、今ははじめてよかったと思っています。
まだまだガッツ不足です。

あらんだまおばさん 2007年11月 5日 11:47

娘さん
”儲ける”ことを、悪いんじゃないかなあ、なんて思ったらだめなのよね。

あらんだまおばさん 2007年11月 5日 11:50

柳っちさん
そこそこではなく、考え方を積極的にすると、”楽しみ”とやる気”が出て、いい方向に向けるみたいな気がします。

あらんだまおばさん 2007年11月 5日 11:52

ゆうこさん
商売は、いつもいつも”どうしたらいいの”の連続ですよね。

あらんだまおばさん 2007年11月 5日 12:16

ヨーコさん
ふうちゃんじゃないけど、目指せ!ジャムで”セレブ”よ、セレブ!

コメント入力欄

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/330
以下の記事へのリンクを参照
新しい方向性 from あらんだまおばさんの元気日記
とうもろこしの悲劇 前編 from 工具やの娘・日記 2007-11-04 (日) 16:00
北海道物産展では、何も言わず仮名ヒロシは荷物を持ってくれます。 私の買い物を後ろ...

Home > 仕事 > 新しい方向性

Feeds

Return to page top