« 江平子安観世音 | メイン | 梅が咲きました »

2008年2月 3日

はなむけ

今日は、おいの20歳の誕生日。
母親があっという間に天国に旅立ち、彼は5歳にして天涯孤独になった。

今日まで、たくさんの人たちに、君は育ててもらってきた。
ほんとうに、この15年、長かった。

これからは、がっぷり、人生四つに組んで、まっとうに、生きていきなさい。
失敗を恐れるな。
人様に迷惑をかけるな。
ありがとうの気持ちを忘れるな。
天国でお母さんやじーちゃんがいつも見ているよ。

君にとって”宮崎”は、室生犀星の『小景異情』のふるさとではなく、五木ひろしの唄『ふるさと』のふるさとだ。
つらくなったら、いつでも帰っておいで・・・。

♪ここから続き♪

投稿者 yoko : 2008年2月 3日 07:52| 私と家族と友だちと

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.td-sys.com/mt4/mt-tb.cgi/473

コメント

あいさん
子育てとは本当にたいへんなことなんですね。
猫しか育てたことのない私は、世のお父さんお母さんがたに心から敬意を表します。

投稿者 あらんだまおばさん : 2008年2月 4日 12:55

こんにちは。
遠くにいる甥っ子さんですね。
失敗することがあっても、周りで見守ってくれる人が有れば、何度でも立ち上がれますね。
きっと、立派な大人になることでしょう。

投稿者 あい : 2008年2月 3日 17:28

コメントを投稿