Home > 見てよし聞いてよし > 私が刑事コロンボを好きな訳

私が刑事コロンボを好きな訳

うちのスタッフさとちゃんぱぱが、「刑事コロンボが好きなのは、最初に犯人がわかるからでしょう」

それもある。
怖がりの私、推理小説は、後ろから読む。
犯人はこいつか、とわかってから、安心して最初から読み始めるのだ。

さとちゃんぱぱ曰く、「そんなのがこの世にいるなんて信じられない。邪道です」
ということだが、ハリー・ポッターだって、殺される人を確認してから、読み始めました。だから推理小説にかぎらないの。


さて、刑事コロンボ、毎週木曜日9時からはじまるので、その日は何を差し置いても、帰る!

「ちゃんとしたのを着て行ってよ」”うちのかみさん”は言わないんだろうか、と若い時は思っていたが、いやいや、これは彼のユニフォーム。敵に油断させるためだね。
仕事はものすごく切れ者だけど、おうちに帰ったら、ほんわかしていて、夕飯の片付けなんかすすんでしちゃうんじゃないだろうか。
・・・と想像し・・・

ゲストとの丁丁発止のやりとりや、ストーリーが優れていること、”きちんとした日本語”でしゃべっている、のに加え、名優ピーター・フォークの絶妙の表情に、私は釘づけになる。

たぶん私の”タイプ”が、刑事コロンボなのでしょう・・・。

コメント:2

小紋 2010年2月19日 19:41

 どこでもコート着たままは いやですが くたびれた
 コートを見て ばかにして あとで 後悔する犯人 ですよね。小池 朝雄さん 上手かったですね。
 わたしも 本は ぱらっと 開いたところから 読んだり 後ろから読んだり 好きに読んでいます。
 1ページから 順序よくなんて したことないです。 

あらんだまおばさん 2010年2月23日 17:48

小紋さん
本の読み方、私だけかと思っていましたので、ほっとしました。
コロンボは、張り付いてみていないと、わからなくなってしまうのが、主婦にとっては難点ですわ。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/874
以下の記事へのリンクを参照
私が刑事コロンボを好きな訳 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > 私が刑事コロンボを好きな訳

Feeds

Return to page top