Home > 見てよし聞いてよし > 海上自衛隊鹿屋基地史料館

海上自衛隊鹿屋基地史料館

海上自衛隊鹿屋基地.jpg「座ったままで、どこまでもいけちゃうなんて、すごいもん発明したもんだよなあ」
夫が、運転しながら言う。

”すごいもん”というのは、車のこと。

「雨も風も関係ないもんね」
突然、ばけつの底が抜けたような大雨になる中、ワイパーばんばん動かしながら、しきりと感心している。


もっとすごいと思ったのは、スマートフォン。

うちの車は、ナビ無。
人間の動物的勘に頼って方向を決めるため(特に私の場合)、時に”完全に”間違える。

助手席で暇にまかせて、スマートフォンをいじっていたら、「ナビ」っていうのがあるじゃないの!
試しに、現在地「志布志」&目的地「鹿屋」と入れてみたら、ちゃんと道を教えてくれている!


ゼロ戦.jpg飛行艇.jpgおかげさまで、海上自衛隊鹿屋基地史料館に無事着き、夫が見たいというゼロ戦とご対面。(私はスミソニアン博物館で見たけど)
子供のころ、プラモデルで戦闘機を作っては、壊していた少年の目で、飽きずに眺めてた。

野外には、昭和初期につくられた、大きな飛行艇。
こんな大きなのが、水面を滑走して、空に舞い上がるなんて・・・すごい!


コメント:4

バルおばさん 2011年5月13日 17:21

ご主人様との楽しい旅行ですね。
そうそう、もうそろそろ普通に人生を楽しむ方向でいかないと
日本はおかしくなってしまいますもんね。
私も色々凹んでいましたが、普通に生きていられる有難さを
大いに感じていきましょう。

小紋 2011年5月14日 08:46

鹿屋 いったけれど ここは見てないのです。
 武家屋敷見て お茶かって帰りました。
 どの地も 一度では分からないですよね。
 何回も 行きましょう!

あらんだまおばさん 2011年5月14日 17:17

バルおばさん
普通に、お水が水道から出て、台所でお料理ができて、暗くなったら電気をつけて、ってなんてありがたいことなんでしょう、って思います。

あらんだまおばさん 2011年5月14日 17:24

小紋さん
知覧と同じ特攻基地だったので、亡くなったかたのお写真が並べてあるお部屋がありました。千人ぐらいでしょうか。
さすがに入れませんでした。
ふたりで部屋の入り口で頭を深々さげて、あとにしました。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1126
以下の記事へのリンクを参照
海上自衛隊鹿屋基地史料館 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > 海上自衛隊鹿屋基地史料館

Feeds

Return to page top