Home > 愛する宮崎へ > 宮崎法人会青年部会の租税教室

宮崎法人会青年部会の租税教室

小学校で租税教室.jpgどこかの国の教育は、「将来の納税者を育てるため」という大指針があるそうだ。

子供のころから、根底に1本筋の通った教育をしていくと、国家を背負う職業についても、踏ん張りがきくような気がするが・・・

それはさておき、
毎年宮崎法人会青年部会は、知恵をこらして、小学生たちに”納税の大切さ”を教える社会貢献活動をしている。

先日女性部会広報委員として、お手伝いで参加させていただいたのは、西池小学校。
6年生のみなさんに、税金は、社会を円滑に運営していくための”会費”のようなものということを学ぶDVDを見ていただき、そのあと、社会や歴史、税や宮崎を学べる”すごろくゲーム”で大盛り上がり。

このすごろくゲーム、実によくできてる。大人がやっても面白いもの。
うちの会社用に、ひとつもらって帰りたかったくらいだ。

他の小学校では、会社経営に携わる青年部のみなさんが、「会社とは」というお話をしたそうだ。
目を輝かして聞いていた子供たちの姿は、仕事をする励みになった、という話も伺った。

大上段にかまえた社会貢献ではなく、少しずつ誰かの心に蓄積されることをしていけたら、嬉しいな。

コメント:2

バルおばさん 2012年1月23日 21:13

小学校も高学年になれば、テレビニュース等で私達が思うよりもずっと
社会の事を聞いたりしてると思うにで、そういう時に大人たちが
分かりやすくキチンと説明してあげるのはとても重要な事ですね。
こんな情けない世の中、その子達が大人になる頃には
少しは改善されてるかしら…。
(今月のあらんだまさん、いや目出度い絵柄ですね~♪)

あらんだまおばさん 2012年2月 1日 19:01

バルおばさん
変に隠したり、さけたりしないで、きちんと子供ととりくむと、ちゃんと受け止めてくれます。税のことはまだ早いんじゃないの、という声もありますが、ちゃんと納税のことを教えないと、借金ばっかり増やし、あとは野となれ山となれの国家になってしまうもの、ね。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1226
以下の記事へのリンクを参照
宮崎法人会青年部会の租税教室 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 愛する宮崎へ > 宮崎法人会青年部会の租税教室

Feeds

Return to page top