Home > 図面屋の技術コラム > スキルアップ > 凡事徹底

凡事徹底

凡事徹底(ぼんじてってい)

当たり前のことを徹底して行うこと。
凡事徹底とは、当たり前のことを当たり前にやってのけるという意味です。

当社にとって「凡事」(当たり前のこと)とは、

  • あいさつをきちんとする
  • 丁寧な電話の受け答え
  • 報告、連絡、相談を密に行う

などの社会一般的なことから、

  • 設計等データのファイル名をルールに従ってつける
  • データの保管ルールに従う
  • ファイリング(紙)のルールに従う
  • 業務時間の記録をもれなくつける

などの業務に直結したことなどがあります。

つまり皆で決めたルールを熟知し、毎日、地道に実行することです。

たとえば、保管した書類の中から、必要な文書をすぐに探し出せなくてはファイリングと言えません。それには分かりやすい分類方法(ルール)を決め、ルールに従ってファイリングすることが重要です。

確かに、忙しくなってくると「とりあえずこうしとこう」「後で直せばいい」という「ズル」をしたい気持ちも起こります。

しかしルールから外れた行為は、時間がたつと「ズル」をした本人でさえ、なぜそうしたのかを忘れ、原因の究明及び修正に多大な時間を費やすこととなり、はなはだ効率が悪くなります。

ichiro

また、ルールを決めたけれどなかなか守られない場合もあるでしょう。そのときは「無理なルールなのではないか?」と疑ってルールを見直す必要もあるかもしれません。

当社では、ミーティングを通じ社員が共通の認識の上でルールを熟知するよう努めています。

大打者イチロー選手も準備運動から練習するプロセス、バッターボックスに入る動作、道具の手入れに至るまで、毎日、毎日、毎日コツコツと繰り返し「凡事徹底」の姿勢を貫いた結果、すばらしい記録を作り続けているのだそうです。

「凡事徹底」地味だけど、重要なことと肝に銘じ、日々の業務に当りたいと思います。

(2009/10/23:吉村)

関連エントリー

Home > 図面屋の技術コラム > スキルアップ > 凡事徹底

Return to page top