Home > 田舎暮らし > てくてく登校

てくてく登校

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年4月17日 12:27
  • 田舎暮らし

学校へ続く道
新学期が始まり、朝の風景に子供たちの登校が、また加わった。

我が家の近くにある小学校は、こんな遠くから通うのかと思うほど校区が広い。中学生になれば、自転車という手段もあるが、小学校のうちは、ただひたすら、てくてく歩くしかない。
朝7時前には、それぞれの集合地点に子供たちが集まっている。それから歩きだす。雨の日も、風の日も、1時間も、てくてくてくてく・・・。
低学年は行きはバスに乗ることを許されるらしいが、帰りは歩くしかない。知り合いの子供は、毎日泣きながら帰ってきたそうだ。遠い道のり、途中から友達と別れてひとり、心細かったのだろう。

大きくなったら、てくてく歩いたこと、よかったなあって思えるよ。車に気をつけて・・・

コメント:2

もりのふう 2007年4月18日 15:04

こんにちは♪
ひとやま向こうのもりのふうです。

今日は寒いですね~・・・寒くてもアイスは作ってます(笑)

うちの子、あまりにも登下校の距離が長いので「もう歩きたくない・・」と嘆きはじめました。
でも、長い目で見たときに、きっとよかったと思える日が来るんですよね!

あらんだまおばさん 2007年4月18日 18:41

ふうちゃん
今日は寒い一日でしたね。五ヶ瀬は雪ですって!せっかくしまったストーブまた登場しました。でも、灯油がもうないぞ。
低学年のちびちゃんたちはホントたいへんよね。おかあさんも無事帰ってくるか心配でしょう。はやく慣れるといいですね。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/133
以下の記事へのリンクを参照
てくてく登校 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 田舎暮らし > てくてく登校

Feeds

Return to page top