Home > 田舎暮らし > ぶげんしゃどん

ぶげんしゃどん

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年9月27日 07:08
  • 田舎暮らし

近所のおばちゃんたち(私もか)と話をしていると、よく「あっこはぶげんしゃどんよ」とか「うちゃぶげんしゃじゃないかいよ」と、”ぶげんしゃ”という言葉が出てくる。

分限者という字をあてる。ひらたく言うと、お金持ち。今風にいうと、セレブ。

枯れた杉の葉
田舎は一見、自然豊かでいいところと思われるかもしれないが、山や畑を手入れするものが居なくなって、荒廃してきているというのが現状だ。
私の住むあたりも高齢化が着実にすすみ、休田は雑草がはびこり、竹林は倒れている竹が多くて、足を踏み入れることができない。

先日、姑あらんだまばーちゃんとおばのしげちゃんと歩いていたら、枯れた杉の葉がたくさん落ちていた。
「昔は風呂をたいたり、煮炊きをするので、こういうのをたきもん(炊き物)でたくさん拾ってきたから、山や林がきちんと整っていたけど、今はそういうことせんから、荒れるばっかりよね」としげちゃん。
「戦後じゃったら、こんげなの売って、分限者どんになれたね」とばーちゃん。
「じゃあじゃあ(そうね)。あったれーがね(もったいないね)」としげちゃん。
「じゃあ、今はなんもやくせんが(役にたたない)」とばーちゃん。

ぶげんしゃどんも分をわきまえ、人々がつましく生活していたころは、二酸化炭素排出だの地球温暖化だのは、関係なかったのに・・・。

コメント:2

塗装屋の嫁 さーや 2007年9月27日 13:22

こんにちは^^

枯れた杉を見ると...風呂のテツケにすると良く燃えてたな~と思い出します!
実家が田舎だったせいか、昔を懐かしく思う年になって来てしまいました。。。

あらんだまおばさん 2007年9月28日 08:57

さーやさん
おはようございます。
私が見ても何も価値がないように思われるのですが、それぞれに役目があったんだなあとつくづく思いました。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/293
以下の記事へのリンクを参照
ぶげんしゃどん from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 田舎暮らし > ぶげんしゃどん

Feeds

Return to page top