Home > 田舎暮らし > 竹の皮

竹の皮

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2008年5月16日 16:31
  • 田舎暮らし

竹の皮.jpgたけのこを食べる時期が、ほぼ過ぎようとしている。

切るのを逃れたたけのこはすくすく育ち、竹となり、茶色い衣装をぬぎすてる。
それが、竹の皮。

ひろって集めるのが、今の時期の近所のおばちゃんたちのお仕事。
1枚10円の値がつき、業者さんが集めにくるげな。

その皮に、
いもだんごをつつんで、竹の皮だんご。
味のついたもち米やみじんの肉や野菜をつつんで、ちまき。
もち米をあくに浸し、つつんでふかすと、あくまき。
ふつうのおにぎりとたくわんをつつんで、おにぎり弁当。

自然のものだし、結構丈夫なので、用途はいろいろあると思うが、最近は一番需要のあった和菓子がそれほどでもなくなって、一生懸命ひろっても、全部ひきとってくれないらしい。

隣家の納屋には、昨年の竹の皮が、ほこりをかぶってた・・・。

コメント:4

小紋 2008年5月17日 19:38

 昔の人は ある あらゆるものを最大限に利用していたんですね。
 いま なにからかにから 捨てて生活しています。
 一つ買うにも ヨーク考えるようにしようと思った記事です。 

woody-mom 2008年5月17日 22:08

蒸し羊羹につきものの、竹の皮。
どうやって収穫するのか知りませんでした。

生協のカタログに掲載されていたのは、中国製。
国産の竹の皮、あるところにはあるのですね!

おにぎり握って、竹の皮で包みたいなあ。
でもそれは贅沢なことに思えるけれど、竹林に入ればgetできるのですね。

あらんだまおばさん 2008年5月19日 18:40

woody-momさん
生協で売ってるの?
知らなかったです。
取り方しか知りませんでした。
おにぎりは、絶品ですよ。

あらんだまおばさん 2008年5月19日 18:41

小紋さん
田舎暮らしをしてみてわかったのは、そこらへんにあるものを工夫すれば、生きていける、ということでした。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/488
以下の記事へのリンクを参照
竹の皮 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 田舎暮らし > 竹の皮

Feeds

Return to page top