Home > 仕事 > 若い衆を育てる

若い衆を育てる

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2008年8月12日 18:10
  • 仕事

行きつけの美容院の店長さんと、人材の話になった。

美容専門学校出た人をとるの?と聞いたら

「普通の高校出た子にしています。高校ぐらいの教養は身についていてもらいたいし、技術的なことは、僕がゼロから教えるから。まっさらな方がいいんです」

「彼はその中でも、僕の自慢!」

というファッション雑誌から出てきたかと思うくらいステキな青年が、私の頭を"若がえらせて"くれていた。

"僕の自慢"というだけあって、洗髪も頭のマッサージも肩もみも乾かすのも、手を抜かずに実に丁寧。

この前来たとき、別の人が同じことを、ちゃんちゃんちゃん、で終わらせたのよ。

出来上がった後の、私の"美人度"が違うような気がする。

 

夫と行きつけの飲み屋さん。

店長さんが「こいつね、調理師試験に合格してね。私が育てた弟子の第1号っすよ」

と"弟子"が揚げてくれたサトイモの串あげを出しながら、嬉しそうに教えてくれた。

「よかったねえ。おいしいねえ」夫と口々に賞賛。

「うるさいこともかなり言ったけど、よくついてきてくれました。育て甲斐のある子ですわ」

その日頼んだ料理は、いつもより一段とおいしかった。

 

うちの事務所も若い衆が、只今修行中。

あんまり若くないけど、気持ちは若いおねえさんたちも、只今修行中。

採用するにあたって、学歴も経験も別段重視しないが、

見るとするなら、やる気 と 仕事に対する姿勢。

つまり誰が見ていなくとも、裏表無く働くか、というところかな。

それさえあれば、未知の仕事の苦しさも楽しみに変化できるし、まだ知らない自分の才能と出会うことも出来るからね。私がそうだったように・・・。 

 

 

コメント:7

にんじん店長 2008年8月12日 22:02

あらんだまおばさん

昨日はお疲れ様

2次会の出席メンバーが少なかったのが残念でした。

人材育成難しいですよね。

ぼくは出来れば前回講師の岸本さんみたいに一人でやりたいです。

あらんだまおばさん 2008年8月13日 08:13

にんじん店長
ジャムやのヨーコさんから、女性私ひとりじゃ役不足だった、と聞きました。
店長は岸本さん流があってると思う。
ITリーダー塾の面々とは、職種は違っても、みんなで助け合って、手を携えていけたらいいなあ。

あい 2008年8月13日 14:26

こんにちは。
若い衆、素直さが大事。
私も若い衆に戻って、素直な気持ちで仕事しよう。
(^_^)

あらんだまおばさん 2008年8月13日 18:13

あいさん
うちの若い衆たちの親御さんは、私たち夫婦と同じぐらい。
親よりやかましい、と思っているんじゃないかしら。

Anonymous 2008年8月14日 16:09

初盆におまいりしますが お茶の出し方 挨拶の仕方 履物をそろえているかどうか
なんでもないことで 躾度が わかります。
 帰りがけ ちゃんと出船に 履物がそろっている家は 少なくなりました。
 ふつうのいえでこうですから 商売の家は たいへんでしょう。
 合わせ鏡にして わすれないように したいと思いました。

あらんだまおばさん 2008年8月15日 17:36

匿名さん
昔は「野放図」ということばがありました。
今は若いもんだけではなく、おじさんおばさんも「野放図」・・・困ったものです。

小紋 2008年8月15日 19:11

 ↑人のことは いえません。名前いれるの忘れてました。
 すみません。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/545
以下の記事へのリンクを参照
若い衆を育てる from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 仕事 > 若い衆を育てる

Feeds

Return to page top