Home > 神々のおりやるところ > 児原稲荷神社

児原稲荷神社

児原稲荷神社.jpg

宮崎では、「原」は、はら、ではなく、はる、と読む。

西都原は、さいとばる、皇子原は、おおじばる、のように・・・

だから、児原は、こばる。

児原稲荷神社に行こうと思ってたどりついたのではなく、西米良からの帰り、一つ瀬川沿いの道を車で飛ばしていたら、「あれ~神社があるわ」

神社大好きの私、ちょっとだけおまいりしていこうと、ぐーと登っていく道に進路を変えて、走った。走った。走った。走った。でも、つかない・・・

うねうねの登り道を走った。走った。走った。走った。出くわした軽トラのおばちゃんは、どこいくのよ、という顔して見てた。

ちょっとの予定が、何回ヘアピンカーブを通過したことか・・・山の頂まできちゃったんじゃないか、と思った頃、やっと着きました。

こんな山奥なのに、お札も売っているし、お社の中もきちんとして由緒ありそうで、神気も人気(ひとけ)もある。

よかった、神様が居心地よくおりやるところで。

お賽銭をいれ、何気なく天井をみると、天狗の面ややりっぱな武将の絵が、かかげてある。

人口もずいぶん少なくなったであろうこの地域で、この神社は、人々から慕われているんだろうなあ、とほっとした。

ご祭神は、おきつねさんの稲荷神社だから、ウカノミタマノミコトはじめ6柱。

このブログを書くので、ネットで調べていたら、この神社の若き宮司さんが書いているブログを発見!

このかたが、がんばっているのね!だから、ちゃんとしていたんだ!

天狗や武将.jpg

 

 

 

 

 

コメント:12

にんじん店長 2008年12月 3日 19:53

このところ忙しすぎ
こういう神社をのんびり散歩したいです。

乾燥肌 2008年12月 3日 22:23

縁起の良い写真ですね。ご利益ご利益・・・・・
カランカランカラン
ページランク3 おめでと~(気付くのおそい?)
あとリンクの変更ありがとうございます。これが「コト」にリンクしているってことだと思うのですが・・・

寿美子 2008年12月 4日 13:12

西都方面は、神道の、人多いようですね。うちのだんなの、母方の親戚が、西都に何人かいるのですが、お葬式が、神道という方が、けっこういらっしゃいました。延岡では、あまり遭遇しません。

内山農産のチカ 2008年12月 4日 14:49

こんにちは

原は”はる”、ですか。面白いですね。
宮崎での話し方でも、そんなふうに変化する感じなのでしょうか・・・。
って、方言ってみんな変化ですもんね。
宮崎の言葉というと、某知事さんの言葉しか聞いたことがありません。

あらんだまおばさん 2008年12月 4日 18:37

にんじん店長さん
もう少し紅葉があるかと思ったのですが、青々していました。
いつもパソコンにむかってばかりなので、目がやすらぎます。

あらんだまおばさん 2008年12月 4日 18:40

乾燥肌 さん
ページランクは、ほぼ毎日2年間、ブログを、手を抜かずに書いてきたご褒美かな、と思っています。
一朝一夕には、ことはならないからね。

あらんだまおばさん 2008年12月 4日 18:44

寿美子ちゃん
東京の両親に、神道でお葬式あるよといったら、びっくりしていました。
大学の授業で、神道概論があったから、わりと身近に思うみたい。

あらんだまおばさん 2008年12月 4日 18:46

チカさん
最初の頃、原(はる)は、春だとばっかり思っていました。
うちの知事さんのなまりは、私が住んでいるところのとは、またちょっと違います。宮崎は広いからね。

カイ 2008年12月 4日 22:29

あらんだまおばさん、はじめまして。
児原稲荷神社の跡継ぎ、カイと申します。 この度の掲載有り難うございます。
って、なんか文書が硬いな・・・。

山の中にこんな神社があるとは驚いたと思いますが、けっこう由緒がありまして年間1万5千程のお参りがあります。
真面目なお話をしますと、宮崎県がまだ「日向国」と呼ばれていた1300年頃、鎌倉より伊東家が太守(今で言う知事みたいなもの)として宮崎に下り、西都市にある都於郡城を本城とし佐土原・宮崎等の県内48城を支配していました。
その都於郡城にあったのが「伊豆稲荷様」で伊東家の守護神として十代にわたってお奉りされてきたのですが、1577年、津氏との戦に負け大分に逃げる途中にその「稲荷様」を預けていったのが当社なんですよ。
よって、もともと児原神社だったものがそれを境に児原稲荷神社となりました。

何かとご利益がるようで、道路や車が発達する以前から沢山のお参りがあったようです。県境ということもあり熊本県からの参拝も多いのですが、実は6割が熊本県からなんです。

お稲荷様ですので、商売繁盛・五穀豊穣・大漁安全・家内安全の御利益がありますよ。 

機会があればまたお参りください。 今度来た時には声を掛けてくださいね。

・・・ながながと宣伝みたいに書いてすみません。

あらんだまおばさん 2008年12月 5日 17:51

カイさん
こんな本格的なコメント、ありがとうございました。
例祭明日ですね。商売繁盛、ご利益ありますか?

ひとてま店長 2008年12月 6日 11:07

私、たはらは、高校時代にたばると志垣先生(宮崎日日新聞にときどき出てくる宮崎第一高校校長)に呼ばれていました。
私、地区民代表で児原稲荷神社にお札をいただきに行ったことがありまする。

そのときも、熊本からたくさんの参拝者がいらっしゃってました。

神社周辺に椎茸などが栽培してあったような記憶が・・・・。

それと竜の彫り物が印象的でした。すごい絵が飾ってあった記憶も・・・。

又行きます。

あらんだまおばさん 2008年12月 8日 18:03

ひとてま店長
たはら、と、たばる、かけたつもり?
うちのダーリンとレベルが一緒かも。

土曜日、ご利益ご利益と言いながら、また行ったの。家から1時間きっかりでした。

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/616
以下の記事へのリンクを参照
児原稲荷神社 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 神々のおりやるところ > 児原稲荷神社

Feeds

Return to page top