Home > 思い出 > 手荷物

手荷物

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年7月15日 07:00
  • 思い出

おじおばの家にてめいっこたち。この椅子に夜中あらいぐまが座っていた!
先日のeもの宮崎コミュニティーサイトにある友好BLOGにシュークリームママさんが、今は無きニューヨークツインビルをバックにした写真を載せておられた。

実は私もあります。
16、7年前にもなるだろうか、オハイオ州コロンバスで会社を経営している姑あらんだまばーちゃんの妹夫婦を尋ねて、ばーちゃんと、あのころ高校1年生と中学2年生のめいと4人で、2週間ほどの予定でアメリカに向かった。

それまで海外旅行をしたことはあっても、個人で出国するのは初めて。不安もあったが、けっこうばりばり英語を勉強していた時期なので、内心”腕試し”とちょっとわくわくしていた。

成田の税関は問題なく通過。長い時間のフライトなので、あらんだまばーちゃんは通路の後ろの方でラジオ体操をしばしばやって、外人さんに胡散臭い目で見られているが、まあこれもよし。

やっとこさ着いたコロンバス空港。荷物検査で「食べ物はかばんに入っていますか?」と聞かれた。ばーちゃんに「・・・っていってるよ」と言ったら、彼女「持ってます!」とそのおじさんに、にこっと笑いかけた。
思わずぎょっとして、何持って来たのよと言いかけたら、こっちにいらっしゃいと、別室にお呼ばれされた。別の列に並んでいためいっこふたりも、違う部屋に消えた。

ばーちゃんがかばんを開けたら・・・梅干、つけもの、らっきょう、あくまき、にんにくのしょうゆ漬け、干し大根、味噌漬け、塩こんぶ、なんかわからん煮物・・・とでるわでるわ・・・。どうして出国するときなんにも言われなかったんだろう?ばーさんだったからかな?得々としてすべてのビニール袋をあけたら、日本人でも、こりゃなんじゃいという臭いが部屋中に充満した。

なんでこんなに持ってきたのよと言いかけたら、担当のおじさん、梅干を指差し、これは何か、どうやって作るのかと聞く。「・・・っていってるよ」と言ったら、ばーちゃん嬉しそうに、6月に自分の実家の梅の木から梅の実をちぎって、から解説しだした。それを延々通訳・・・。最後に「おいしいよ」といって口にひとつ梅干を放りこみ、「うーすっぱいっ!あなたも食べない?」と言ったら、もうけっこうと言われた。

別室から出てくると、隣の部屋からめいっこふたり、半べそかいて出てきた。彼女たちはチョコとガムだけだったが、学校で習った英語が通じなかったらしい。
「学校の先生の英語はなまっちょる!」なまっちょるって、どうなまってるのよ?
「宮崎弁の英語だあ~」???

この珍道中、先が長くてニューヨークまでたどりつけそうもない。本日これまで!

コメント:1

名前 2007年7月16日 21:53

Leave your comment here.       大笑いしました^-^~
早く続きを読みたいです。

>「学校の先生の英語はなまっちょ
>る!」なまっちょるって、どうなまって>るのよ?
>「宮崎弁の英語だあ~」???
この感覚、身に沁みてわかります、ハイ
私はNZに行った時、経験しました。
あまりにも通じないというか、聞き取れず、しばらく筆談で過ごしました(トホホ)

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/219
以下の記事へのリンクを参照
手荷物 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 思い出 > 手荷物

Feeds

Return to page top