Home > 思い出 > 月夜の猫

月夜の猫

  • Posted by: あらんだまおばさん
  • 2007年9月12日 07:12
  • 思い出

肉球
まだピアノ講師をやっていたころ、ゲットした理由は定かではないが、臨時収入が8万円ほどあり、毎日何に使おうかなと、にまにましながら考えていた。

ある夜、仕事が終わり、いつものように、伊勢原駅で電車をおり、愛用の自転車に乗り換えた。
帰り道の左右はどこまでも広がる田んぼ。稲刈りを終えた香ばしい中を、めいっぱいペダルを踏み、満月を仰ぎながら、25分のサイクリングは、けっこう楽しい。

ふと左前方に目をやると、土の見えた田んぼから動くものがある。
猫だ。弾むように、道にむかって走ってきている。しなやかでリズミカルな動きがなんともいえず小気味いい。

私のはるか前を猫が横切ろうとした瞬間、自転車を追い越していった車が撥ねた!猫は、まりのようにぽーんと飛んで、道の反対側に落ちた。月はそのすべてを明るく照らしていた。
車は何事もなかったように、スピードも落さず走っていった。

身体が凍った。どうしよう・・・助けようか・・・死んでいたらどうしよう・・・

・・・私は自転車を止めることができなかった。振り返ることもできず、夢中で自転車をこぎ家に帰ったが、意識はあの時で止まってしまった・・・。

翌日、たまたま仕事が休みだった夫が、車で私を伊勢原駅まで送っていってくれた。
死んだ猫の脇を通るのか・・・気が重かった。

「このへんなの」と言ったあたりに、小学生が何人か集まって地面を見ていた。
夫が車を止め、降りていくと、道端で猫が横になったまま、首を持ち上げ、きょろきょろしている。
生きていたんだ!
「お願い、この子、病院に連れて行ってよ」

1週間後、退院してきた猫は、幸いにも骨折もなく、打撲のみ。撥ねられたあたりに置いてくるわけにもいかず、連れた帰った。
うちの大勢の猫にも動じず、敷いてやったクッションに、当たり前のようにゆったり身を横たえた。その様、アラビアの王様サルタン。つけた名前が”サルタンとら坊”

それから2ヶ月ほど我が家で養生し、彼は出て行った。
臨時収入の8万円、サルタンとら坊に全部使い果たした・・・。

コメント:6

ひとてま便店長 2007年9月12日 09:27

生き銭、死に銭で判断すれば、明らかに生き銭です。そういうお金の使い方が正しいと思います。あらんだまおばさまのノンフィクション小説楽しみにしています。

あらんだまおばさん 2007年9月12日 09:50

ひとてま便店長
私たちには人間の子供はいないのですが、しっぽがついて、にゃあと言う子供たちには、”ぎょっさん”かかりました・・・。

名前まここ 2007年9月12日 21:04

はじめまして。
昨夜偶然このページにたどり着きました。
読み進めていくうちに《平塚》とか《伊勢原》とか懐かしい地名が出てきたので、思わずコメントを書いています。
私も以前7年間ですが、平塚市南原に住んでいました。おまけにピアノ講師もしていて、秦野とかに行ってました。
ひょっとすると、どこかでニアミスしたかも、と思ったり。(年代が合えばですが)

よろしかったら、これからもたびたびお邪魔させてください。

あらんだまおばさん 2007年9月13日 08:07

まここさん
はじめまして。
私のブログにようこそ!
12年前に平塚の北豊田から宮崎に引っ越してきました。
平塚と宮崎は暖かく、平らかで、よく似ています。
また遊びにいらしてください。

kato tadahiro 2007年9月13日 23:50

こんばんは
これって、あらんだまさんの
肉球でございますか(^m^;

あらんだまおばさん 2007年9月14日 08:09

加藤先生
はい、これは私のにくきゅ・・・違うのっ!

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/278
以下の記事へのリンクを参照
月夜の猫 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 思い出 > 月夜の猫

Feeds

Return to page top