Home > 見てよし聞いてよし > 広重・東海道五捨三次を見る

広重・東海道五捨三次を見る

広重と清明.jpg上京した時は、諸々の用の合間をぬって、展覧会を見に行くのがなによりの楽しみ♪

今回狙っていたのが、渋谷bunkamuraの「フェルメールからのラブレター展」と
東京国立博物館の「北京故宮博物院200選」

でも・・・故宮は、なんと3時間半待ち!と言われ、泣く泣くあきらめた。
日本人の、というか東京人の向学心(好奇心か)の高さには、恐れ入る。(私もか)

そのかわり(でもないが)、たまたま通った地下鉄六本木でふらっとおりて、
サントリー美術館で「広重」を見た。

子供のころ、永谷園のお茶漬け海苔を買うと、ちいさなカードが入っていた。
歌川広重の東海道五捨三次、じゃないかな。
十辺舎一九の東海道中膝栗毛も思いだした。

原版で、解説付きで、じっくりみると・・・人物や動物や小物が、丁寧にかきこまれていて、実に楽しいのだ。安野光雅さんの絵のように、小さいのに、いきいき描かれている。
それに江戸の風物もよくわかる。
無駄のない生活が営まれていたことが、随所でわかる。

昔住んでいた平塚の風景は、山の形が同じで、懐かしい。

まわりを見渡すと、定年退職であろうおじさまがたが、熱心に見ている。
気持ち、わかるなあ。

中国が、世界に誇る至宝「清明上河図」は見れなかったが、
日本が、世界に誇る「広重」で、十分堪能したものね。

コメント:2

小紋 2012年1月21日 20:21

浮世絵いいですね。大好きです。
 北京の故宮にも行きたいです!

あらんだまおばさん 2012年2月 1日 18:55

小紋さん、意外な楽しさたくさんの展示でした。福岡もいまいいのをやってるでしょう。行きたいけどなあ・・・

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1224
以下の記事へのリンクを参照
広重・東海道五捨三次を見る from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > 広重・東海道五捨三次を見る

Feeds

Return to page top