Home > 見てよし聞いてよし > 武将の美学~羽田空港の美術館

武将の美学~羽田空港の美術館

武将の美学.jpg1か月もブログ更新してなかった!このところfacebookにはほとんど毎日上げているので、書いたような気になっているのよね。

でもじっくり文章を練るなら、ブログです。

さて、1週間ほど横浜に行っていました。
今度は、ふらふらあちこち”さるく”時間もなく、ずーっと客先で缶詰。
ホテルとの往復のなかで楽しみは、食べることと割り切っていたけど、外食ばかりだと飽きてきますね。

大好きな美術館巡りは今回あきらめていましたが、
思ったより早く着いた羽田空港を”さるい”ていたら、美術館を見つけました。

「羽田空港第2旅客ターミナル3階 ディスカバリーミュージアム」

展示してあったのは、武将が実に付けていた装飾品の数々。

見ていて思いだしたのは、歴史をひも解くと、日本の男性はおしゃれだったんだなあ、ということ。
いまは、せいぜいネクタイに凝るぐらいしか、男性が身に付けるものに色彩は見えませんが、
日本人の微に入り際に入りの美学が、さりげなく身につけているものを芸術品に変えてきた、ということ。
こんなすばらしい工芸品の技術を持っている国、どこにあるでしょう。

自信をなくしている日本。
ものづくりという基本を忘れている日本。
誇りをどこかにおいてきてしまった日本。

ささやかな美術館ですが、いろいろなことを考えさせられた時間でした。

コメント:1

保険屋あい 2012年10月 2日 17:46

こんにちは。
歴女が喜びそうな題材ですね。
元気を出さないと行けませんね。(^^ )

コメント入力欄

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://td-sys.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1272
以下の記事へのリンクを参照
武将の美学~羽田空港の美術館 from あらんだまおばさんの元気日記

Home > 見てよし聞いてよし > 武将の美学~羽田空港の美術館

Feeds

Return to page top